「キャメラを止めるな!」© 2021 - GETAWAY FILMS - LA CLASSE AMERICAINE - SK GLOBAL ENTERTAINMENT - FRANCE 2 CINÉMA - GAGA CORPORATION

「キャメラを止めるな!」© 2021 - GETAWAY FILMS - LA CLASSE AMERICAINE - SK GLOBAL ENTERTAINMENT - FRANCE 2 CINÉMA - GAGA CORPORATION

2022.7.15

この1本:「キャメラを止めるな!」 B級にエスプリ利かせ

毎週公開される新作映画、どれを見るべきか? 見ざるべきか? 毎日新聞に執筆する記者、ライターが一刀両断。褒めてばかりではありません。時には愛あるダメ出しも。複数の筆者が、それぞれの視点から鋭く評します。筆者は、勝田友巳(勝)、高橋諭治(諭)、細谷美香(細)、鈴木隆(鈴)、山口久美子(久)、倉田陶子(倉)、渡辺浩(渡)、木村光則(光)。

リメークにはたいてい文句を付けたくなるものだ。元がいいからリメークするわけで、それ以上になるのが難しいのは当然。日本で大ヒットした「カメラを止めるな!」のフランスリメーク版の本作、ミシェル・アザナビシウス監督が巧妙な手さばきで素材を調理し直して、新たな味わい。まずまずの成功例と言っていいのでは。

物語は日本版とほぼ同じ。前半は、ゾンビ映画を撮影中にゾンビが現れて大混乱になる、出来は悪いがワンカットのゾンビ映画。後半はその映画の舞台裏。日本版は監督も役者も無名、前半のゾンビ映画は画質も含めていかにも素人くさい。仕掛けを知らない観客がほとんどで、後半の展開に本当に驚いて2度見したくなるような作りだった。ミステリーなら叙述トリック。

しかしリメーク版は、オチがバレている。アザナビシウス監督は独自の工夫を加えた。ロマン・デュリスやベレニス・ベジョら有名俳優を起用したのは、最初から観客に仕掛けを予感させるため。製作費をたっぷりかけているから、前半のできの悪い映像もよくできている。

観客はドンデン返しよりも、それをどう見せてくれるかを期待しながら折り返すことになる。二流監督のレミーがむちゃな仕事を受けるという後半の展開も日本版を踏襲。しかし日本人プロデューサーの要求で日本版のリメークを作るという設定のひねりで、映画の構えが一回り大きくなった。

良くできている脚本を、日本版以上の作り込みと安心の演技で映像化。衝撃度では「カメ止め」に遠く及ばないが、フランス版はきちんとまとまった良質のコメディーだ。

日本版を超えたかというと、そこは難しい。見たことのないものに驚くのは映画の原初的な楽しみ。工芸品の精密さとは次元が別なのだ。1時間52分。東京・TOHOシネマズシャンテ、大阪ステーションシティシネマほか。(勝)

ここに注目

米アカデミー賞監督が「カメ止め」をリメークする。それだけでワクワクする気持ちを抑えられなかったが、その期待に見事に応えてくれた。冒頭30分間に漂う「B級」感は原作顔負け。物語はオリジナルにほぼ忠実に展開するが、フランスらしい笑いや皮肉が利いている。オチを知っているのに、新鮮な気持ちで見ることができた。

竹原芳子演じる日本人プロデューサーのムチャブリによってフランス人らが混乱していく様子など、文化の違いから生まれる笑いも感じられるはずだ。日仏版をぜひ見比べてほしい。(倉)

技あり

前半はショッピングモールの雰囲気もある競馬場の跡地が撮影現場。ジョナタン・リケブール撮影監督は、太陽が当たる所も暗い場所も照明に気を使わず、広角レンズの手持ちカメラを振り回し、ゾンビを追い回す。後半も同じ場所、撮影開始直前の「役名も日本語」という日本人プロデューサーの要求に、主演俳優が「降りる」と騒ぐ。手前にレミーと主演俳優、すぐ後ろに集まったスタッフ。広いガラス越しの外光が主光源で、天井が低く大きなライトは使えず、雰囲気をつかむ照明で乗り切る。この手の喜劇はフランス人の好みに合う。(渡)

キャメラを止めるな!

キャメラを止めるな!
 
監督 ミシェル・アザナビシウス
出演 ロマン・デュリス、ベレニス・ベジョ、竹原芳子
 
日本映画「カメラを止めるな!」のリメーク。「安い、早い、腕はそこそこ」の映画監督が、ゾンビ映画の監督が撮影中に本物のゾンビを呼び出したというゾンビ映画を、30分ワンカットで撮影する。実際にワンカットで撮った前半の映画の舞台裏を、後半で明らかにする。
 
© 2021 - GETAWAY FILMS - LA CLASSE AMERICAINE - SK GLOBAL ENTERTAINMENT - FRANCE 2 CINÉMA - GAGA CORPORATION

新着記事