©RKB毎日放送/TBSテレビ

©RKB毎日放送/TBSテレビ

2023.8.21

振付稼業 air:manが100回泣いた!「シーナ&ロケッツ鮎川誠〜ロックと家族の絆〜」

誰になんと言われようと、好きなものは好き。作品、俳優、監督、スタッフ……。ファン、オタクを自認する執筆陣が、映画にまつわる「わたしの推し」と「ワタシのこと」を、熱量高くつづります。

振付稼業air:man

振付稼業air:man

2023年8月15日、私は今日も仕事着である革ジャンに袖を通す。暑かあ! 暑すぎる! 夏だもの! 当り前くさ! 人間だもの!汗ダラダラやね!でも、ワイルドだろう? そんな私もスギちゃんだぜえ! (本名・杉谷一隆・博多育ち。作品中のロック喫茶ぱわぁはうすは実家のはす向かいと、独りゴチながら終戦記念日の街を現場へGO!
 

仕事着を革ジャンに

現在、東京を基盤に振り付けを生業として活動する振付稼業 air:manを主宰する私とメンバーは全員、一年中、革ジャンを身にまといさまざまなジャンルの振り付けを担当させていただいている。暑かあ !動きづらかあ! しかも汗で革がねちょっとして気持ち悪かあ! と、仕事着を革ジャンにした振付師というセルフプロデュース自体が基本的に失敗した私。
 
でも・・・・・・ロックだろう? 巨人の星の星飛雄馬の大リーグ養成ギプスみたいに脱げば良いのに脱がない私ども、ロックだろう? 私、脱いだらすごいんです! (40OVER しか分からんか・・・・・・)って懐かCMを決め込んでもいいくらい、ロックだろう? 違う!! ロックは型じゃない! と、お嘆きの兄貴。今は、少し黙っててくれまいか? 私に夢を見させてはくれまいか? ユー・メイ・ドリーム!
 
だって、あの人、型も音も格好良過ぎるんだもの? あんなにライダースジャケット(アメジャンタイプ)が似合う人、ジョーイ・ラモーンとあの人しか、いないんだもん! せめてまねしてロックさせてはくれまいか?

 
ロールはしてる。日々、転げ回っている。ロールの前にロックの冠を付けさせていただく事をご了承してくれまいか・・・・・・とつぶやく私は多分、熱中症気味だ。勢い良く革ジャンを脱ぎ捨て地面にたたきつける私。ロックだろう? あまりの暑さに、移動中、地下鉄のエアコンの前で前面後面と交互に体を入れ換えながらゴロコロするわたし、ロールだろう? とどのつまり、ロックンロール だろう? と、自分で自分を鼓舞しつつ革ジャンを肩にかけ闊歩(かっぽ)する私の頭に流れるBGMはユー・メイ・ドリーム一択だ。
 
「Fighting80’S」でのシーナの♪ちょっとだけ触れる感じの♪の歌詞の所で、あまりにも CUTE に自分の頰を触れる仕草とそのコンマ単位のタイミングセンスに(共感してくれる人、求む)に、この人、振付師やってもすごいだろうなぁ・・・・・・と少し嫉妬しつつ。
 

100回泣いたうちの 3 回

先日、「シーナ& ロケッツ鮎川誠〜ロックと家族の絆〜」の試写会にお呼ばれした。(やっと本題)すごい作品だった。100回泣いた。全池尻大橋民(私の東京の拠点)が100回 泣いた。必見!! と、筆をおきたい所だが、それでは発注いただいた、この作品のコラムをとの事に応えきれていない。それではロックじゃないと作品中のナレー ション担当の松重豊氏の価値観を盾に、今作品での100回泣いたうちの3回をお伝えしよう。
 
前述のシーナのユー・メイ・ドリームでの仕草や、甲本ヒロト氏 のインタビュー、鮎川さんがいなくなった事はどうでもいい。大した事ではない。いたって事がすごいんだぞ! というシーンも心にロックの炎をともすのは当然だが、まずは 一つ目。シーナ&ロケッツの結成秘話のエピソード。「私、歌いたい。 自分の声が入ったレコードを聴いてみたい」の言葉。実は私も振付稼業 air:manの立ち上げメンバーでもあり、私のパートナーでもある菊口という女性から「私、 振付師のアシスタントではなく、振付師になりたいです! どうすればいい?」 と、問われた。確かに日本の振り付け業界は、振付師とアシスタントの関係のみ。 しかもスタイリストやメーク等の仕事のように株分けのシステムが無い職業。そして、ほとんどの方がタレント事務所に所属している現状。これでは下が育つのは難しい。そこで、振付師でもアシスタントでもない徒党の無所属な集団を作り、振り付け業界に殴り込みをかけようと腹をくくったのが私どもの始まりだ。まるで、シーナ氏が鮎川氏に熱く語った時のように私どもも始まった。ロックだろう?

 
二つ目。鮎川氏の若松でのインタビューのシーン。生活とロックは一緒という世界にシーナ氏が引き込んでくれたと言うシーン。まさにその通り! 生活とロック! 生活と振り付けも地続きだもの! 人間の可動範囲なんてたかが知れてて、ある事やれる事を表現していく事しかできないんだから・・・・・・。シーナ、生活と振り付けを同じ価値観にしてくれてありがとうと勝手に感謝。
 
三つ目、鮎川氏の「シーナ&ロケッツはシーナがいないとシーナ&ロケッツじゃないと思うのは、僕なんだが、シーナ&ロケッツが無くなるのはシーナが一番嫌な事」という言葉。だから続ける。私も振付師という職業に対し、そう思えるのだろうか・・・・・・。
 

ギターは愛と平和の武器やけん!

すごい愛にまみれた優しい世界。その中でロックンロールが流れ続けてる。最高な時間を過ごした私のすすけた黒のTシャツは暑さ故の汗なのか100回泣いた分のそれなのかは知らんけど、まだら色を隠すため、私は革ジャンに袖を通しジップを上げた。暑かあ!
 
鮎川氏が作品内で言ったようにギターは愛と平和の武器やけん!と同じく振り付けは愛と平和の武器なのだなあと独りゴチつつ、少し背中を丸め8月15日を私なりのロックンロールでGO! 鮎川氏・シーナ氏、ありがとう! 今日もしゃーんとロックンロールできるかいな? 皆様、「シーナ&ロケッツ鮎川誠~ロックと家族の絆~」、必見!!
 
なお、全国公開の前夜祭が24日東京・南青山レッドシューズにて行われます。
詳細→クラブひとシネマVol.1「シーナ&ロケッツ 鮎川誠 ロックと家族の絆」公開前夜祭~「死ぬまでロック」を語る開催!

関連記事

ライター
振付稼業air:man

振付稼業air:man

動くものなら何でも振付けます!という売り言葉に、買い言葉増殖中の業界初の振り付けユニット。2008年 UNIQLO WEB CM「UNIQLOCK」にて世界3大広告賞「One show」「CLIO AWARDS」「Cannes Lions」にてすべてグランプリを受賞。海外のトップクリエーターでもあるアーティストOK Goの「I Won’t Let You Down」の振り付けを担当し、MTV MUSIC AWARD2015にて日本人初のBEST Choreographyを受賞。 ACC CM FESTIVAL 2015 で総務大臣賞受賞。One Show2017にてsilverを受賞。又、初著書でもある「振付稼業air:manの踊る教科書」を2014年に上梓し、全国の小・中学校の先 生と生徒への新たなコミュニケーションツールとしてのダンスを推進すべくまい進する。そんな彼らの目標は、振り付けをし続ける事。

この記事の写真を見る

  • ©RKB毎日放送/TBSテレビ
  • ©RKB毎日放送/TBSテレビ
  • ©RKB毎日放送/TBSテレビ
  • ©RKB毎日放送/TBSテレビ
  • ©RKB毎日放送/TBSテレビ
  • ©RKB毎日放送/TBSテレビ
さらに写真を見る(合計10枚)

新着記事