明日に向かって笑え ©2019 CAPITAL INTELECTUAL S.A./KENYA FILMS/MOD Pictures S.L.

明日に向かって笑え ©2019 CAPITAL INTELECTUAL S.A./KENYA FILMS/MOD Pictures S.L.

2021.8.05

明日に向かって笑え!

毎週公開される新作映画、どれを見るべきか? 見ざるべきか? 毎日新聞に執筆する記者、ライターが一刀両断。褒めてばかりではありません。時には愛あるダメ出しも。複数の筆者が、それぞれの視点から鋭く評します。筆者は、勝田友巳(勝)、高橋諭治(諭)、細谷美香(細)、鈴木隆(鈴)、山口久美子(久)、倉田陶子(倉)、渡辺浩(渡)。

田舎町でガソリンスタンドを営む初老男フェルミン(リカルド・ダリン)と妻リディアが、地元を活気づけるために農協の設立を決意。ところが金融危機が勃発し、住民から集めた資金を悪徳弁護士らにネコババされてしまう。1年後、夢も希望も失ったフェルミンと仲間たちは、奇想天外な奪還作戦に動き出す。

2001年のアルゼンチン金融危機を背景にした犯罪映画である。なけなしの貯金を奪われた無力な正直者たちが、狡猾(こうかつ)なエリートに復讐(ふくしゅう)するという明快な構図で観客の共感を誘い、人間くさいユーモア、ほろりと涙を誘うペーソスもたっぷり。今や万国共通の問題である社会の格差や不公正への怒りも盛りつけつつ、堅苦しさ、血生臭さとは無縁のコメディー調で軽やかに見せていく。名優ダリンを中心とするベテラン俳優たちのアンサンブルも楽しげで、ほどよいスリルと爽快感、牧歌的なぬくもりを満喫できる一作だ。セバスティアン・ボレンステイン監督。1時間56分。東京・ヒューマントラストシネマ有楽町、大阪・シネ・リーブル梅田ほか。(諭)

異論あり

フェルミンらが標的とする悪徳弁護士マンシーの隠し金庫は牧場のど真ん中にあって、警報が鳴る度にマンシーが車を飛ばす。警備会社に頼めばと突っ込みたくなるが、随所で間が抜けているのがご愛嬌(あいきょう)。経済破綻と政変を繰り返してきたアルゼンチン、映画もおおらかでタフ。(勝)