「グッバイ、ドン・グリーズ」ⒸGoodbye, DonGlees Partners

「グッバイ、ドン・グリーズ」ⒸGoodbye, DonGlees Partners

2022.2.27

英月の極楽シネマ:グッバイ、ドン・グリーズ! ちりばめられた言葉の“宝物”

「仏教の次に映画が大好き」という、京都・大行寺(だいぎょうじ)住職の英月(えいげつ)さんが、僧侶の視点から新作映画を紹介。悩みを抱えた人間たちへの、お釈迦(しゃか)様のメッセージを読み解きます。

英月

英月

「さあ、宝物を見つけにいこう。」がキャッチコピーのこのアニメ映画は、少年たちのひと夏の冒険物語。関東の田舎町に暮らすロウマ(声・花江夏樹)、医者になるために東京の高校へ行った秀才のトト(声・梶裕貴)、そして、アイスランドからやってきた無邪気なドロップ(声・村瀬歩)の3人が、ひょんなことから山火事の犯人に間違われてしまいます。潔白を証明してくれるのは、自分たちが花火撮影のために飛ばし、行方不明になってしまったドローン。彼らは森の奥へ捜しに行きますが、もちろんキャッチコピーの〝宝物〟はドローンではありません。では、彼らにとっての宝物とは?

分かっているようで分かっていないのが、自分にとっての宝物。何が大事なのかということです。皆さんの宝物は何ですか?

さて、この映画には、心をつかまれる言葉の表現がたくさん出てきます。例えば「写真」を「もう二度と訪れない一瞬を永遠にしてくれる」もの、といった具合。その言葉は当然、私にかけられたものではありませんが、私には響きました。言葉は受け取った人のところにあるのです。同じように登場人物たちも、言葉を受け取り、そして力を得ていきます。なぜなら、見えないさまざまな思いや願いが、文字や音になったものが言葉だからです。言葉を受け取るとは、願いを受け取ること。この映画には、そんなすてきな言葉だけでなく、たくさんの伏線もちりばめられています。それが最後に回収されて〝宝物〟が明かされる様は爽快です。TOHOシネマズ梅田ほかで公開中。(真宗佛光寺派・大行寺住職)

グッバイ、ドン・グリーズ!

田舎町の高校生ロウマはひとりぼっち。中学時代は親友トトと「ドン・グリーズ」を結成していたが、東京に進学してしまった。トトが帰郷した夏休み、風変わりなドロップとドン・グリーズを再結成した。しかしドロップの提案で飛ばしたドローンが暴走、おまけに山火事の犯人にされてしまう。3人は無実の証拠を求めてドローン回収の旅に出る。

ライター
英月

英月

えいげつ 1971年、京都市下京区の真宗佛光寺派・大行寺に生まれる。29歳で単身渡米し、ラジオパーソナリティーなどとして活動する一方、僧侶として現地で「写経の会」を開く。寺を継ぐはずだった弟が家出をしたため2010年に帰国、15年に大行寺住職に就任。著書に「二河白道ものがたり いのちに目覚める」ほか。インスタグラムツイッターでも発信中。Radio極楽シネマも、好評配信中。

新着記事