「名探偵コナン ハロウィンの花嫁」©2022 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

「名探偵コナン ハロウィンの花嫁」©2022 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

2022.7.06

「名探偵コナン」を「トップガン」猛追 ヒット作続出で年間興収2000億円回復か

2022年もはや7月。上半期の映画界では、新作に加えてコロナ禍で延期されていた作品がようやく公開され、ヒットも続発。映画館のにぎわいも戻ってきた。ひとシネマ執筆陣が5本を選び、上半期を振り返ります。

ひとしねま

ひとシネマ編集部

① 「名探偵コナン ハロウィンの花嫁」 91億470万円 4月15日公開
② 「トップガン マーヴェリック」 76億3435万円 5月27日公開 
③ 「ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密」 45億7000万円 4月8日公開
④ 「スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム」 41億8500万円 1月7日公開
⑤ 「シン・ウルトラマン」 41億6593万円 5月13日公開

(数字はいずれもひとシネマ調べ。7月までの集計値)


 「トップガン マーヴェリック」© 2022 PARAMOUNT PICTURES. CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.

待望の洋画大作がようやく登場

映画館のにぎわいが戻ってきた。2020、21年はコロナ禍の長く暗いトンネルでもがいた映画界も、22年は年明けから快走。ここまで過去最高の年間興行収入を記録した19年の8割を維持、このままの勢いなら2000億円を回復しそうだ。
 
コロナ禍直前の19年は、年間興収2611億8000万円と過去最高、年間映画人口も1億9491万人と映画界念願の2億人まであと一息と迫った。達成確実と盛り上がって20年を迎えたところでの、新型コロナウイルス感染拡大だった。
 
映画館閉鎖にいたる前代未聞の危機的状況の中、期待の大作、話題作が次々と公開を延期。「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の大ヒットに救われたものの、20年の映画人口は1億613万人とほぼ半減。21年は「シン・エヴァンゲリオン劇場版」が気を吐き、19年比6割程度まで回復したが、大作がお蔵入りしたままの洋画興行は同7割減と壊滅状態だった。
 
それでも21年後半には映画館の多くが通常営業に戻り、年末には「劇場版 呪術廻戦0」が期待通りのヒット。勢いがついた22年は「スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム」で幕を開け、世界公開から3週間遅れながら、「呪術廻戦0」を追い落としてロケットスタート。ここまで興収41億円を上げている。
 

「ファンタスティックビーストとダンブルドアの秘密」© 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights ©J.K.R.


秋以降も期待

4月にはシリーズ3作目、4年ぶりの新作となった「ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密」が好発進し、翌週にはシリーズ第25作「名探偵コナン ハロウィンの花嫁」がチャートの首位を奪取、いずれもシリーズ最高を記録する快進撃となった。
 
そして5月、公開延期されていた大作が立て続けに封切られた。19年の製作発表から期待が高まっていた「シン・ウルトラマン」は、21年の公開予定から1年遅れ。情報を小出しにしてマスコミ向けの試写もしない秘密主義が奏功したか、すでに興収41億円を超えて「ファンタビ」に迫る。
 
「トップガン マーヴェリック」はその2週後の公開だった。コロナ禍前からの製作遅れに加え、トム・クルーズが劇場公開にこだわって幾度も公開を延期。この間も予告編を流し続けて映画ファンをじらしにじらし、公開直前にはトム・クルーズが来日。こちらは露出を極大化する戦術で大成功。公開3週目で「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」に首位を譲ったものの、翌週には奪還。公開6週目の7月第1週も、興収の前週比が8割を維持して「名探偵コナン」を猛追、興収100億円も視野に入る。
 
7月には「ジュラシック・ワールド 新たなる支配者」「キングダム2 遙かなる大地へ」、8月は「ONE PIECE FILM RED ワンピースフィルムレッド」、秋以降も「すずめの戸締まり」「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」など期待作が続く。我慢を重ねた映画ファンも、一気に忙しくなりそうだ。

関連記事

ライター
ひとしねま

ひとシネマ編集部

ひとシネマ編集部

新着記事