ひとしねま

2022.6.03

チャートの裏側:あえて問う根底の「戦争」

毎週公開される新作映画、どれを見るべきか? 見ざるべきか? 毎日新聞に執筆する記者、ライターが一刀両断。褒めてばかりではありません。時には愛あるダメ出しも。複数の筆者が、それぞれの視点から鋭く評します。筆者は、勝田友巳(勝)、高橋諭治(諭)、細谷美香(細)、鈴木隆(鈴)、山口久美子(久)、倉田陶子(倉)、渡辺浩(渡)、木村光則(光)。

続編が前作と同じ主演者で、前作から36年ぶりの公開となったのは前代未聞だろう。トム・クルーズ主演の「トップガン マーヴェリック」だ。前作同様に大宣伝が展開され、大ヒットのスタートである。最終の興行収入で50億円超が見えた。興行史に名を刻む快挙と思う。

新型コロナウイルスの影響で、3回も公開が延期された。何回、映画館で予告編を見たことか。映画の存在が、相当刷り込まれた人も多かっただろう。満を持したトムの来日もあった。コロナ禍も以前よりは収まった。公開にまつわるすべてが、大ヒットを引き寄せた。

以上のことを前提に、作品が大絶賛の嵐になっている現状も踏まえ、あえて書く。本作のさまざまな要素が醸し出す巨大なカタルシスと、作品の根底にある「戦争」の存在とは、どのようなかかわりをもつのか。興行の爆発力を生んだ側面とも関係のある作品の根幹部分である。

本作の最大の見せ場となる戦闘機のアクション描写など、作品の原動力は「戦争」と緊密な関係をもつ。このメカニズムが、娯楽大作としての破格の躍動感、カタルシスを生む。映画は実に多角的な視点から成り立っている。本作は、その多角性において群を抜く。娯楽大作だからと、「面白い」だけの評価にとどめていいのか。違うと思う。

トップガン マーヴェリック

エリート・パイロットチーム“トップガン”に、伝説の男マーヴェリック(トム・クルーズ)が教官として帰ってきた。任務は、世界の危機を回避する極秘ミッションを達成するために集結した若きトップガンたちの訓練。が、その中にはマーヴェリックのかつての親友グースの息子ルースター(マイルズ・テラー)がいた。父の死はマーヴェリックに責任があると信じている彼はことごとく反発するが……。

新着記事