レッドカーペットを歩く

レッドカーペットを歩く

2022.9.21

原田美枝子、感動の涙!「百花」サン・セバスティアン国際映画祭 オフィシャル・コンペティション上映

公開映画情報を中心に、映画評、トピックスやキャンペーン、試写会情報などを紹介します。

ひとしねま

ひとシネマ編集部

「百花」(毎日新聞社など製作委員会)がスペイン最大の映画祭であるサン・セバスティアン国際映画祭において≪オフィシャル・コンペティション部門≫へ正式出品され、現地時間で9月20日(火)に公式上映を実施されました。。
主演の原田美枝子、そして川村元気監督が現地へ駆けつけました!
 
サン・セバスティアン国際映画祭は1953年から続いているスペイン最大の映画祭であり、今回は記念すべき70回目として9月16日~24日まで開催。ヨーロッパにおいて、カンヌ国際映画祭やベルリン国際映画祭、ヴェネチア国際映画祭に次いで、重要な映画祭として位置付けられています。前回では全世界の注目を集めた「ドライブ・マイ・カー」も正式出品され、大きな話題となりました。毎年多くの映画監督や著名人がゲストとして訪れ、国内外のメディアからの注目度も高いことから、映画製作者にとって海外映画ファンの獲得や国際展開を考える上で重要な映画祭となっています。
 
現地時間で9月20日(火)の午前、公式上映に先駆け、映画祭会場であるKursaal Congress Centre(クルサールコングレスセンター)の屋外で実施されたフォトコール(プレス向け撮影会)に原田美枝子と川村元気監督が登場! 多くの海外メディアに囲まれた二人は笑顔を見せ、撮影会に参加しました。

その後に行われた公式記者会見で、冒頭に原田は「こんにちは! ドノスティア!(バスク語でサン・セバスティアンの意) この映画が世界の方々にどのように受け取っていただけるのか楽しみです。ありがとうございます。」とスペイン語で挨拶を披露。会場は大きな拍手と歓声で包まれました。

公式会見

質疑応答では非常に多くの海外メディアから質問が途切れることなく続き、終了予定時間を大幅にオーバーするほどに関心が集まっていました。また質問の中には、原田が出演した黒澤明監督作品について言及するものも複数あり、改めて原田美枝子が日本のみならず海外でも愛される映画俳優だということが見て取れました。川村監督も「原田美枝子という女優は、黒澤明監督の作品に出演していたり、今の日本の映画界にとって伝説の人。以前から自分が映画を撮る時は日本映画を背負っているような女優に出ていただきたいという想いを持っていました。」と回答。原田も会見で「黒澤監督との仕事は緊張しましたが、時間がたっても昨日のことのように全部を思い出せます。川村監督との撮影も1シーン1カットで非常にエネルギーを使いましたが、監督の目指しているものが分かり、信頼して身を預けることができました。」と話し、惜しまれながら会見は終了。
 
その後、サン・セバスティアンの名所であるイゲルド山やサン・セバスティアン市庁舎を訪れ、記念撮影を実施。サン・セバスティアンの美しい空と海を彷彿とさせるような、鮮やかな青のドレスを身に纏った原田は、満面の笑顔を咲かせていました。

イゲルド山にて
 
そして夜になり、会場が華やかにライトアップされる中、公式上映前の21:40にレッドカーペットアライバルが実施され、原田美枝子と川村元気監督が登場! 昼間のドレスとは異なる雰囲気の、『百花』のイメージカラーでもある黄色の着物に身を包んだ原田の姿に、大勢の観客は魅了されました。中にはサインを求める観客もおり、快く応える姿も有りました。
 
そして22:00からクルサールで行われた上映は、映画祭最大級のキャパシティ・1800席を多くの観客が埋める大盛況の中で実施されました。

本編終了前のエンドロールに入ると、次々と観客が立ち上がり、会場は拍手喝采の状態に。エンドロールが終わるまで、ずっと拍手が鳴りやまず、感極まった原田の目から涙がこぼれ落ちました。映画を鑑賞した観客はそのまま劇場ロビーに残り、退場する原田と川村監督を迎えました。ここでも惜しみない拍手と歓声が送られ、涙を流しながら声をかける観客の姿も。その光景に、感動を隠しきれない様子の原田と川村監督は、最後に観客に深々とお辞儀をし、目に涙を浮かべながら映画祭を後にしました。

上映後の見送り
 
【上映後のコメント】
 原田美枝子
まさか泣くと思わなかったです。(笑)
皆さんがちゃんと受け止めてくれた気がして、本当に嬉しかったです。
映画をきちんと観てくれる人たちがいるっていうことが分かり、
楽しく過ごせた映画祭でした。
 
川村元気監督コメント
遅い時間からの上映にも拘らず、これだけの満員上映で、
こんなに大勢の方に見送りまでしていただいて、感動しました。
観客の表情から、映画が伝わったことが凄く分かりました。
サン・セバスティアンという町には映画を愛している方々がたくさんいて、
映画人であるということだけで温かく迎えてくれ、すごく嬉しかったです。
 
【観客の感想】
 チリの女性
美しく感動的な作品で、涙が出ました。原田美枝子さんの演技は本当に素晴らしかったです。物語の始まりと終わりで全く違う姿を見せているのが圧巻でした。

スペインの女性(イギリス在住)
作品を鑑賞して泣きました。特に最後のシーンが本当に美しかったです。世界の観客は、この作品を観て日本の古典映画を思い出すのではないでしょうか。小津安二郎監督と比べるわけではないですが、彼らが家族や関係性について描いてきたことの系譜を感じさせると思いました。
 
フランスの男性
作品を拝見し、とても味わい深くて、本当に素晴らしかったです。私はこの映画が大好きになりました。
ありがとう。本当にありがとう。

スペインの女性
美しい物語、とても詩的な作品で素晴らしかったです。最後には泣いてしまいました。とても重要な、私たちが知るべきトピックを扱っていると思います。私は作曲家なのですが、音楽が素晴らしかったです。

百花

レコード会社に勤務する葛西泉(菅田将暉)と、ピアノ教室を営む母・百合子(原田美枝子)。
ふたりは、過去のある「事件」をきっかけに、互いの心の溝を埋められないまま過ごしてきた。
そんな中、突然、百合子が不可解な 言葉を発するようになる。
「半分の花火が見たい・・・」
それは、母が息子を忘れていく日々の始まりだった。
認知症と診断され、次第にピアノも弾けなくなっていく百合子。やがて、泉の妻・香織(長澤まさみ)の名前さえ分からなくなってしまう。皮肉なことに、百合子が記憶を失うたびに、泉は母との思い出を蘇らせていく。そして、母子としての時間を取り戻すかのように、泉は母を支えていこうとする。
だがある日、泉は百合子の部屋で一冊の「日記」を見つけてしまう。
そこに綴られていたのは、泉が知らなかった母の「秘密」。あの「事件」の真相だった。
母の記憶が消えゆくなか、泉は封印された記憶に手を伸ばす。
一方、百合子は「半分の花火が見たい…」と繰り返しつぶやくようになる。
「半分の花火」とはなにか?
ふたりが「半分の花火」を目にして、その「謎」が解けたとき、息子は母の本当の愛を知ることとなる―――

ライター
ひとしねま

ひとシネマ編集部

ひとシネマ編集部

新着記事