「マン・フロム・トロント」Netflixで独占配信中

「マン・フロム・トロント」Netflixで独占配信中

2022.7.17

「マン・フロム・トロント」凸凹殺し屋バディーの笑いとアクション シリーズ化期待:オンラインの森

いつでもどこでも映画が見られる動画配信サービス。便利だけれど、あまりにも作品数が多すぎて、どれを見たらいいか迷うばかり。目利きの映画ライターが、実り豊かな森の中からお薦めの作品をお選びします。案内人は、須永貴子、村山章の2人です。

ひとしねま

須永貴子

「エクスペンダブルズ3  ワールドミッション」や、「ヒットマンズ・ボディガード」と続編の「ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード」などを監督したパトリック・ヒューズの最新作「マン・フロム・トロント」が、Netflixで独占配信されている。ケヴィン・ハートとウディ・ハレルソンが主演するこのアクションコメディーは、COVID-19の感染拡大により撮影が延期され、他作品との調整により劇場公開日も度々変更に。最終的にNetflixが権利を買い取り、2022年6月24日に配信された。
 

公開延期から曲折経て配信へ 主役も交代

「ハリウッド・リポーター」によると、当初キャスティングされていたジェイソン・ステイサムは、幅広い観客層を想定している製作陣とレーティングにおける意見が合わず、クランクインの6週間前に降板。ステイサムの代役として、ウディ・ハレルソンが急きょキャスティングされた。
 
その役柄は、〝マン・フロム・トロント(トロントから来た男)〟という通り名を持つ、腕利きの殺し屋だ。幼い頃に目の前で祖父が熊に食べられて以来、天涯孤独。23以上の武術の達人。愛車は1969年型のダッジチャージャー。19世紀のアメリカの詩を暗号として使用。誰もその顔を知らない幽霊のような存在だ。有能で寡黙、そして孤独なキャラクターは、たしかにジェイソン・ステイサムが演じている姿が容易に想像できる。
 

すご腕と愚か者 不協和音奏でつつミッション完遂

そのマン・フロム・トロントの相棒となるテディを演じるのはケヴィン・ハート。バージニア州の歴史深い街ヨークタウンに、愛する妻ロリと暮らすテディは、フィットネスジムの営業として働いて10年になる。いいヤツだが、何をやっても失敗ばかり。口先ばかりで行動を先延ばしにしたり、何かを始めてもいつのまにかフェードアウトしてしまったりする性格が、周りの人たちから「テディる」と表現されている。ジムのチラシを作ったが、住所と電話番号を掲載し忘れて印刷したことが原因で、とうとうクビになってしまう。
 
そのテディがまたしても「テディった」せいで、殺し屋のマン・フロム・トロントと間違えられて、FBIに協力する羽目になる。マン・フロム・トロントは、自分のふりをしてターゲットに接触する〝イディオット・フロム・ヨークタウン(ヨークタウンから来た愚か者)〟ことテディと行動を共にして、自分のミッションをクリアすることを目指す。
 
しかしFBIはもちろんのこと、マン・フロム・トロントの雇用主である〝ハンドラー〟が保険のために送り込む新たな殺し屋〝マン・フロム・マイアミ〟が2人の行く手を妨害する。〝不言実行〟のマン・フロム・トロントと〝有言不実行〟の間抜けなテディが、不協和音を奏でながら笑いを生み出し、徐々にお互いの人生にプラスの影響を与えていく。
 

ウブなハレルソン 新たな魅力

生きる世界も性格も正反対の2人がバディーになっていくヒューマンコメディーとして、バディーもの好きには自信をもっておすすめしたい。また、ウディ・ハレルソンの新たな魅力も引き出した。とある女性とのロマンチックな展開に直面したときの、マン・フロム・トロントの反応は、見ているこちらの頬が赤らむほどウブい!
 
そしてヒューズ監督が愛するアクションに関しても、趣向を凝らしたシーンを詰め込んでいて飽きさせない。カーチェイスあり、高度3万フィートでの飛行機内でのバトルあり、イベント会場での銃撃戦あり。マン・フロム・モスクワ、マン・フロム・タコマといった刺客が集まるクライマックスは、テディの職場だったフィットネスジムで。ボクシングのリングやトレーニングの道具、オノやチェーンソーなど、銃だけではない武器を使っての大乱闘を、1台のカメラを前後左右にダイナミックに動かして撮るワンシーンワンカット(風)の3分間に及ぶアクションシーンに、Wolfmotherの曲「Joker and the Thief」がばっちりハマっている。
 

日本代表山P 短い出番で印象強烈

すべての敵を片付けたと思った2人の前に立ちふさがるのは、日本からようやく駆けつけた最後の刺客、マン・フロム・トーキョーだ。演じるのは山下智久。出演シーンは短いが、刀を手にした立ち姿が美しく、東洋のミステリアスなアサシンとしての完成度が非常に高い。だからこその〝おいしい〟使われ方が非常に効果的だ。
 
Netflixでは公開から4日でその週の再生時間世界第1位を獲得。テディ&マン・フロム・トロントのシリーズ化についてインタビューで質問されたヒューズ監督は、否定はしていない。この好成績とキャラクターの強さがあれば、「マン・フロム……」の続編だけでなく、「ウーマン・フロム……」や「ヒットマン・フロム……」、なんなら「ボディガード・フロム……」といったスピンオフも夢ではないだろう。
 
Netflixで独占配信中。

マン・フロム・トロント

何をやっても失敗ばかりの男が、有能な殺し屋と間違えられたことから大騒動に巻き込まれるアクションコメディー。

Netflixで独占配信。

ライター
ひとしねま

須永貴子

すなが・たかこ ライター。映画やドラマ、TVバラエティーをメインの領域に、インタビューや作品レビューを執筆。仕事以外で好きなものは、食、酒、旅、犬。

新着記事