著者:竹岡葉月、イラスト:おかざきおか、1巻定価:660円(本体600円+税)、富士見L文庫/発行:KADOKAWA

著者:竹岡葉月、イラスト:おかざきおか、1巻定価:660円(本体600円+税)、富士見L文庫/発行:KADOKAWA

2022.6.15

ひと癖ある美青年たちと一緒に、絶品ずぼら料理を召し上がれ「おいしいベランダ。」

出版社が映画化したい!と妄想している原作本を担当者が紹介。
近い将来、この作品が映画化されるかも。
皆様ぜひとも映画好きの先買い読書をお楽しみください。

勝山幸代

勝山幸代

お隣に暮らす美形青年。――けれどその正体である眼鏡ジャージー姿と毒舌、ずぼら料理にこそ心と胃袋をつかまれる

一週間、懸命に働いたり勉強したり。くたくたになるほど頑張っている女性には、フィクションの中でくらい癒やされていただきたい。
 
たとえば、真夜中に疲れ切って帰宅したとき、サッと手料理をふるまってくれる好青年がいたら。しかも彼は礼儀正しくて、お隣の部屋に住む、身長180cmのスーツが似合う美形。……そんな物語はいかが?
 
まさしくモデルのような美形デザイナー・亜潟葉二が料理を作ってくれる小説「おいしいベランダ。」は10巻以上続き、コミカライズもされた超人気シリーズ。
――しかし、外面が完璧な葉二の本性は、ただ甘いイケメンではない。家では黒縁眼鏡にジャージーのゆるい姿。ベランダを野菜の鉢植えであふれ返らせ、けっこうな毒舌家でもある。けれど、そんなギャップと、たまらなくおいしそうな料理にこそ心をつかまれてしまう。
 
それもそのはず。本作の著者は多数の人気小説や映像化もした漫画「政宗くんのリベンジ」原作も手がけ、根強いファンがいるラブコメの名手・竹岡葉月氏。だからこそ、本作の魅力はヒーローだけにとどまらない。
 

作中に出てくる料理がいかにもおいしい! 料理と食事のシーンが二人の関係を深めていく

女子大生・栗坂(くりさか)まもりは、人違いのストーカー被害から助けてくれた葉二に心と胃袋をつかまれる。彼らが交流を深めていく、ベランダ野菜を使った料理と食卓の風景もおいしそうで映えるシーンだ。
 
例えば初めて一緒に食べる夜食。料理を作る葉二は、立っている者は使い倒すスタンス。まもりを「栗坂鈍くさい方」なんて呼んでベランダの小カブやニンジンの収穫をさせ、調理でもしっかりこき使う。1人暮らし初心者のまもりは、葉二が野菜を「むくのが面倒」と皮むきを省略し、手間をそぎ落とした調理をする姿に目を白黒させるばかり。
 
けれどできあがった半額海鮮サラダ丼も、カブの葉と油揚げのみそ汁も、取れたて蒸し野菜も絶品で……。葉二に「俺のぶんまで食うなよ」なんて憎たらしいことを言われてさえ、おいしさについ涙がこぼれてしまう。

そんなワンシーンを切り取ると、まもりが大人な彼に翻弄(ほんろう)されて見えるかもしれない。しかし実は、葉二の方こそ彼女を思う気持ちが大きくなっていくのが胸ときめくポイントだ。大人として、年下の彼女にどこまで踏み込んでいいのかと葛藤をかかえていたり、ひねくれた彼なりに最大限大切にしたりする姿が描かれるのもいじらしい。
 

素直さとおおらかさが魅力の主人公。周囲にひと癖ある美青年たちが集まってくるのも納得

まもりはじわじわと魅力を感じる主人公だ。はじめは亜潟さんの“外面”に憧れるけれど、彼の実態を知ってからの行動力こそ注目。普通の女の子かと思いきや、彼の毒舌にもへこたれない。彼に胃袋をつかまれて、子犬のように葉二の周囲でコロコロと表情を変化させる。「あなたを慕っています」という素直さがとても可愛い。彼女の真っすぐな思いや行動は気持ちが良くて、ついつい応援してしまう。
 
それは他の登場人物もおなじ気持ちなのだろう。葉二だけでなく、法学部に通う眼鏡の佐倉井くん、葉二のおいっ子美少年・北斗も、ファーマーズマーケットで出会う青年も、まもりにほのかな好意をもっていく。もちろん、ばっちり葉二のけん制にあい、葉二にいちずなまもりを目にしてしまうけれど……。
女性陣も、親友で沖縄美人の湊ちゃんをはじめ美女ぞろい。ひと癖ある彼ら・彼女らだからこそ、おおらかに受け入れてくれるまもりにひかれるのかもしれない。
 
魅力的なキャラクターたちが、ベランダで繰り広げる小さな物語。ぜひ映像でも見てみたいと期待してやまない。

ライター
勝山幸代

勝山幸代

かつやま・さちよ 静岡県出身。株式会社KADOKAWA富士見L文庫編集部所属。新書・男性向け実用書・女性向け実用書などの編集を経て、2017年より富士見L文庫編集部に配属。
富士見L文庫から2022年6月15日には、竹岡葉月先生のシリーズ新刊「おいしいベランダ。 亜潟家のアラカルト」とともに新作「犬飼いちゃんと猫飼い先生」も刊行予定。
●おいしいベランダ。シリーズHP
https://lbunko.kadokawa.co.jp/special/oishiiveranda/
●犬飼いちゃんと猫飼い先生HP
https://lbunko.kadokawa.co.jp/product/322110000733.html
●富士見L文庫公式HP
https://lbunko.kadokawa.co.jp/

新着記事