©和久井健/講談社 ©2023フジテレビジョン ワーナー・ブラザース映画 講談社

©和久井健/講談社 ©2023フジテレビジョン ワーナー・ブラザース映画 講談社

2023.4.14

「東京リベンジャーズ 2 血のハロウィン編」タケミチたちの大好物でハロウィンご飯を作ってみた|管理栄養士の映画飯トレ

3度の飯より映画が好きという人も、飯がうまければさらに映画が好きになる。 撮影現場、スクリーンの中、映画館のコンフェクショナリーなどなど、映画と食のベストマリッジを追求したコラムです。

石松佑梨

石松佑梨

2021年の大ヒット映画「東京リベンジャーズ」の続編「東京リベンジャーズ 2 血のハロウィン編」が公開されます。前編「運命」が2023年4月21日、後編「決戦」が6月30日と、2023年は東京リベンジャーズイヤーになりそうです。
 
「週刊少年マガジン」で連載されていた「東京リベンジャーズ」は、ケンカに弱い不良・花垣武道を主人公としています。当時の彼女・橘日向が殺害されてしまうという運命を変えるためにタイムリープするSF×サスペンス映画です。また元凶の暴走族チームで、弱虫の武道が成り上がっていくヤンキー映画でもあります。ヤンキー映画といえば、今をときめくイケメンたちが勢ぞろいするのもお約束。ただし彼らはイケメンなだけでなく、役の再現度もすごい。原作ファンの私も前作には大満足、今回の作品もとても楽しみにしています。
 
改めまして管理栄養士の石松佑梨です。私はこれまでトップアスリートたちの食トレを担当してきました。ここでは、ケンカっ早い登場人物たちの「回復力を高める食トレ」についてご紹介します。登場人物たちの大好物を、映画の舞台にちなんだハロウィン仕様にしてみました。

花垣武道(タケミチ:北村匠海)の好きな「鬼コンソメポテチ」


いわゆるヤンキー漫画の主人公なのに、ケンカに弱いタケミチ。ボロボロになっても、諦めずに強い相手へと向かっていきます。
 
そんなタケミチの大好物が鬼コンソメのポテトチップスです。ここではピンク色と紫色の色鮮やかなじゃがいもを使います。じゃがいもにはビタミンCが多く含まれています。さらに今回使うじゃがいものカラフルな色は、アントシアニンという抗酸化物質です。ビタミンCとアントシアニンは、相乗効果で強い抗酸化力を発揮します。激しいケンカからの疲労回復にもおすすめです。
 
【材料(2人分)】
ノーザンルビー(ピンク色のじゃがいも)1個、シャドークイーン(紫色のじゃがいも)1個、揚げ油適量、コンソメ顆粒(かりゅう)大さじ1、塩小さじ2、砂糖小さじ1
※一般のじゃがいもでも同じように作ることができます。タケミチ好みの鬼コンソメに仕上げたいときは、コンソメを倍量に増やしましょう。
 
【作り方】
① じゃがいもの皮をむいて、スライサーで薄くスライスする。
② ①を水にさらして、デンプンが出なくなるまで何回か水を変える。
③ キッチンペーパーに②を並べ、水気を拭き、表面を乾かす。
④ ③を170 ℃の油で、表面がカリッとするまでじっくり揚げる。
⑤ コンソメ顆粒、塩、砂糖を合わせたものを、④が熱いうちにまぶす。

佐野万次郎(マイキー:吉沢亮)の好きな「旗付きオムライス」

 
東京卍會の総長で圧倒的強さを誇る無敵のマイキー。マイキーの好物は、そのかっこよさとのギャップが大きい旗付きのお子様ランチです。ここではチキンがごろごろと入ったケチャップライスに、半熟の卵をかぶせるだけの「包まないオムライス」をご紹介します。
 
鶏むね肉には強い抗酸化作用のあるイミダゾールジペプチドが多く含まれています。東京卍會の総長として背負う日々のプレッシャーやストレスから、マイキーを守ってくれるはずです。
 
【材料(2人分)】
ごはん1合、バター10g、玉ねぎ(みじん切り)1/2個、鶏むね肉(細切れ)100g、ケチャップ大さじ4、たまご4個
 
【作り方】
① フライパンにバターの半量を溶かし、玉ねぎ、鶏むね肉を炒める。
② ①にしっかり火が入ったらケチャップを加えて、全体に絡める。
③ ごはんを加え、水っぽくならないようにサッと強火で炒めて、皿に盛り付ける。
④ フライパンをきれいに洗って火にかけ、残りのバターを溶かし、溶き卵を流し入れる。
⑤ 菜箸で全体を大きく攪拌(かくはん)しながら、半熟状態に固まったら、③のケチャップライスの上に滑らせるようにしてのせる。
① ケチャップでハロウィンランタンの顔を描く。マイキーの喜ぶ旗をつけるのも忘れずに。

龍宮寺堅(ドラケン:山田裕貴)の好きな「激辛カレー」


 マイキーと強い信頼関係で結ばれているドラケンは、東京卍會の副総長。刈り上げた頭には、龍のタトゥーを入れて、ロングヘアを長い三つ編みにしています。そんな怖い見た目に反し、全方位に気を配ることができて誰に対しても温かく、器の大きい人物がドラケンです。そんなドラケンの大好物が激辛カレー。正直、体のためには激辛をおすすめできませんが、カレー自体は健康食です。
 
カレーの黄色いスパイス・ターメリックにはクルクミンという強い抗酸化物質が含まれており、脳の疲れを取り除く作用があります。マイキーを支え、東京卍會を陰で支えるドラケンの心身を健やかに保ってくれる効果が期待できるでしょう。

また、これから旬を迎えるフレッシュなベビーコーンはひげ根までおいしく食べられます。むくみを取り除くカリウムは、ひげ根部分に多く含まれているのです。ひげ根を三つ編みにして、おばけ型のターメリックライスに添えれば、おばけドラケンの完成です。
 
【材料(大盛りごはんで2人分)】
激辛ベビーコーン【ベビーコーン2本、マヨネーズ大さじ1、カレー粉小さじ1/2、カイエンペッパー少々】
カレー【牛肉100g、玉ねぎ(みじん切り)1個、にんじん1/2本、じゃがいも1個、カレールウ】
ターメリックライス【米2合、ターメリック小さじ1/2、オリーブオイル大さじ1】、レーズン4粒、カシューナッツ2個
 
【作り方】
① ターメリックライス:炊飯釜に研いだ米、ターメリック、オリーブオイルを加え、炊飯釜の目盛り通りに水を入れて炊く。
② 激辛ベビーコーン:ベビーコーンの皮をむき、ひげ根を三つ編みにする。マヨネーズとカレー粉、カイエンペッパーを混ぜたものをベビーコーンに塗る。200℃のオーブンで10〜15分焼く。
③ カレー:厚手の鍋で玉ねぎ、牛肉、他の野菜の順に加えて炒める。油が全体にまわったら、水を加えてふたをして煮込む。野菜が柔らかくなったら、一度火を止めてカレールウを溶かし入れ、弱火にして煮込む。
④ 盛り付け:ごはん型には空の牛乳パックを利用する。きれいに洗って乾かし、ハサミでカットして、おばけの形に整えて使用。ターメリックライスはおばけ型に抜き、横にカレーを盛り付ける。おばけの目にレーズン、口にカシューナッツ、三つ編みの激辛ベビーコーンを飾って完成。
 
映画飯で広がる可能性は無限大。

私も「東京リベンジャーズ 2 血のハロウィン編」に向けて、心身ともにトトノエていきたいと思います。実際のハロウィンまではまだまだですので、ぜひ映画飯トレでハロウィン気分を。

関連記事

ライター
石松佑梨

石松佑梨

いしまつゆり トトノイニスト (管理栄養士・国際中医薬膳管理師)。サッカー日本代表選手をはじめ、世界で活躍するトップアスリートたちの専属管理栄養士として従事。のべ2万人以上に提供してきた「頑張らない食トレ」を武器に、近年は企業の健康経営や地域創生も展開する。幼い頃から、おいしいへの執着心が人一倍強く、おいしく健康に食べるための「ずるい栄養学」で、誰もがおいしく食べて健康になれる社会を目指している。著書に「過去最高のコンディションが続く 最強のパーソナルカレー」(かんき出版)がある。2023年4月よりイラストも担当。

新着記事