「7人の女たち」の一場面

「7人の女たち」の一場面

2023.1.22

フランソワ・オゾン監督作「8人の女たち」をリメークしたイタリア映画「7人の女たち」:オンラインの森

いつでもどこでも映画が見られる動画配信サービス。便利だけれど、あまりにも作品数が多すぎて、どれを見たらいいか迷うばかり。目利きの映画ライターが、実り豊かな森の中からお薦めの作品をお選びします。案内人は、須永貴子、村山章、大野友嘉子の3人です。

ひとしねま

須永貴子

Netflixで2022年12月28日に配信がスタートしたイタリアのミステリーコメディ。84分というタイトな尺で密室殺人事件を描く本作は、02年に公開されたフランソワ・オゾン監督の「8人の女たち」のリメークで、原題の7 donne e un misteroは、7人の女たちとつの謎〟を意味する。
 
オゾン版には2人のメイドが登場したが、本作ではベテランのメイドが窓拭き中に落下して退職した代わりに、3月前に新メイドを採用したという設定で、登場人物が1人減っている。
 

クリスマスイブに起きた事件。登場人物全員が容疑者

舞台は1950年代のイタリア北部。雪が降りしきるクリスマスイブの朝、森の中の豪邸で、家長・マルチェッロの死体が発見された。背中からナイフ一突き、血まみれで自室のベッドの上にうつせに倒れている。雪に閉ざされた密室状態の屋敷にいるのは以下の6人。全員が容疑者だ。
 
マルゲリータ(マルゲリータ・ブイ)。マルチェッロと25年連れ添った妻。
ラケーレ(オルネッラ・ノーニ)。マルゲリータの実母。足が悪く車椅子で生活している。酒浸り。どケチ。
アゴスティーナ(サブリナ・インパッチャトーレ)。マルゲリータの妹。文学少女がそのまま大人になった。男性とつきあったことがない。
スザンナ(ディアナ・デル・ブーファロ)。マルチェッロ&マルゲリータの長女。ミラノから、クリスマス休暇のために帰省した。
カテリーナ(ベネデッタ・ポルカローリ)。スザンナの妹。10代。
マリア(ルイーザ・ラニエリ)。3月前に雇われたメイド。料理上手。
 

7人の女たちを彩る衣装やヘアメークで際立つキャラクター性

電話線が何者かによって切断されて警察に通報することができなくなり、車の配線も切断されて身動きが取れなくなる。お互いへの疑心暗鬼が強まっていく中で、紫色のコートをまとったブロンド美女、ベロニカ(ミカエラ・ラマツォッティ)という女性が現れる。
 
ベロニカはマルチェッロの元恋人で、マルゲリータとも面識あり。オゾン版ではファニー・アルダンが演じた、イタリア版でも挑発的でただならぬ色気を放つ。演じるミカエラ・ラマツォッティは、22年12月30日に公開されたばかりの「離ればなれになっても」でヒロインを演じているほか、「盗まれたカラヴァッジョ」(20年)や「歓びのトスカーナ」(17年)でもメインキャストを担っている。
 
7人の役者がそろったところで実感した。このリメクの魅力は7人の女たちのキャラクターにあるのだと。例えば、久々に実家に戻ったスザンナがその美しさを警戒するマリアの、雇い主にへりくだらない堂々とした振る舞い。ショックなことがあるといちいち失神する自称繊細なアゴスティーナ。すきあらば酒瓶に手を伸ばしているラケーレのマイペースさ。
 
オゾン版ではリュディーヌ・サニエの役に当たる、最年少のカテリーナを演じるベネデッタ・ポルカローリ(Netflixシリーズ「Baby/ベイビー」のキアラ役)の大人をいら立たせる自由奔放さ。彼女たちが身にまとう衣装やヘアメクもとにかく華やかだ。
 
マルゲリータは赤、スザンヌは青、ベロニカは紫と、インパクトのある色味の衣装はキャラクターの識別を助けてくれる上、率直に言って見ていて楽しい。マルチェッロの死はさておいて、マリアが作った豪勢な料理に「おいしい!」とむしゃぶりつくクリスマスランチのシーンは、彼女たちのたくましさがあふれ出ていて痛快だ。
 

ちりばめられた仕掛けの先にある予想外の真実

「誰がなぜマルチェッロを殺したのか?」という謎がストーリーを進めるエンジンになり、7人とマルチェッロの意外な関係や、おのおのが抱える秘密や悩み、うそが少しずつ明らかになっていく。すり替えられた鍵、消えたアゴスティーナの常備薬やラケーレの債、ベロニカのバッグから発見された銃など、ミステリーを盛り上げる仕掛けをりばめていきながら、ラストに予想外の真実が明らかになる。
 
84分という短尺なので、ぜひおかわり視聴をおすすめしたい。美しくタフな女たちの、上手なうそうなってしまうはず。
 
「7人の女たち」Netflixにて独占配信中

7人の女たち

雪が降りしきるクリスマスイブの朝、ある屋敷で一家の長が殺害された。屋敷の中に閉じ込められ、疑心暗鬼に陥った7人の女たちが犯人捜しを始めると、彼女たち全員に家長を殺す動機があることが明らかになっていく。

オリジナル映画の脚本:フランソワ・オゾン、マリナ・ド・バン

ライター
ひとしねま

須永貴子

すなが・たかこ ライター。映画やドラマ、TVバラエティーをメインの領域に、インタビューや作品レビューを執筆。仕事以外で好きなものは、食、酒、旅、犬。

新着記事