「アイデア・オブ・ユー ~大人の愛が叶うまで~」より   © 2022 Amazon Content Services LLC

「アイデア・オブ・ユー ~大人の愛が叶うまで~」より © 2022 Amazon Content Services LLC

2024.5.13

シングルマザーと若きミュージシャン、16歳差で恋に落ちたら⁈ 社会問題も提起のアン・ハサウェイ主演作「アイデア・オブ・ユー ~大人の愛が叶うまで~」

いつでもどこでも映画が見られる動画配信サービス。便利だけれど、あまりにも作品数が多すぎて、どれを見たらいいか迷うばかり。目利きの映画ライターが、実り豊かな森の中からお薦めの作品を選びます。案内人は、須永貴子、村山章、大野友嘉子、梅山富美子の4人です。

ひとしねま

須永貴子

Amazon Prime Original映画「アイデア・オブ・ユー 〜大人の愛が叶うまで〜 」は、シングルマザーのギャラリー経営者・ソレーヌ(アン・ハサウェイ)と、大人気ボーイバンド「オーガスト・ムーン」でリードボーカルを務めるイギリス人・ヘイズ(ニコラス・ガリツィン)のラブストーリーだ。
 
ショービズ界のスーパースターと一般人との恋を描いたロマンックコメディといえば、アメリカの有名女優(ジュリア・ロバーツ)がロンドンで小さな書店を経営する男性(ヒュー・グラント)と恋に落ちる「ノッティングヒルの恋人」(1999年)と、世界的なポップスター(ジェニファー・ロペス)が数学教師(オーウェン・ウィルソン)と恋に落ちる「マリー・ミー」(2022年)が代表格だろう。
 
この2作品は、一般男性の視点から、相手との経済格差や社会的ポジションを鑑みて「自分は相手に釣り合わない」と尻込みする自信のなさや過剰な思いやりが最大の障壁だった。これは大統領候補の女性(シャーリーズ・セロン)と無職男性(セス・ローゲン)の恋を描いた「ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋」(19年)にも通じるテーマだ。「アイデア・オブ・ユー 〜大人の愛が叶うまで〜 」で恋の障壁になる問題は、ソレーヌとヘイズの16歳の年の差だ。
 


アメリカ最大の野外フェス、コーチェラで思いがけず出会う男女

ソレーヌはロサンゼルスのシルバーレイク(感度の高いカフェやセレクトショップが集まるエリア)でアートギャラリーを経営する、経済力、美貌、知性、感性、まっとうな社会性を兼ね備えた完璧な女性だ。40歳のバースデーパーティーでは、中高年の男性陣が入れ代わり立ち代わり彼女を口説くが、人生において恋愛が重要ではないソレーヌはそんな誘いに飛びついたりはしない。
 
彼女とヘイズの出会いは、アメリカ最大規模の野外音楽フェスティバル「コーチェラ」だった。カリフォルニアの砂漠地帯のコーチェラ・バレーにて開催されるこのフェスは、24年には日本からYOASOBIや新しい学校のリーダーズ、Number_iらが出演したことでも話題になったばかりだ。
 
ソレーヌはコーチェラに行く予定ではなかったが、元夫のダニエルが高校生の娘イジーとその友人2人の引率を仕事でドタキャンしたため、急きょ同行することに。元夫のコネクションでバックステージパスをわたされたソレーヌは、うっかり足を踏み入れてしまった場所でヘイズと出会うが、オーガスト・ムーンを知らないのでの前の相手が誰かわからない。世界的なスターのヘイズは、目の前に突然現れた自分を知らない美女に即座に魅了されてしまう。
 
その後のステージで急きょセットリストを差し替えて、年上の女性にもっと近づきたいという歌詞のラブソング「クローサー」を、ソレーヌにさりげなく目配せしながら歌い上げる。ソレーヌもまんざらではなさそうだ。
 
ここでわかりやすくステージに上げたり、まなざしでロックオンをしたりといったベタな演出はなく、「さりげなさ」のロマンックなあんばいえている。ステージの上と客席でこういうやりとりをしている人たち、現実にいそうだな…と思わせるリアリティもある。
 

年齢差も性別が逆なら世間から攻撃されない⁈ ロマンスだけでなく現代社会がはらむ問題も提起する

レーヌは自分の年齢を理由に「ありえない」と関係の進展を封じ込める。しかし、ヘイズからの熱烈かつ行動力のあるアプローチを受けて、自らの意思でヘイズの待つニューヨークのホテルへと飛ぶ(娘のイジーはサマーキャンプ中で数週間不在だから都合がいい!)。
 
ホテルの部屋に招き入れられたレーヌが自らジャケットを脱ぐと、直接的な露出面積は少ないが、ボディコンシャスでほどよく透け感のあるワンピース姿のソレーヌが立っている。大人の女性の本気を感じさせる、品と色気を兼ね備えたこのスタイリングと行動は個人的に本作の山場だった。
 
ソレーヌとほぼ同年齢のアン・ハサウェイは、ヘイズが恋に落ちる女性像を文句なしに体現する。そして相手役のニコラス・ガリツィンは、若い女性にとっての王子様的なスーパースターとして振る舞いながら、自分の若さが消費される状況に流されつつ将来について思い悩む24歳の青年を好演。「シンデレラ」(21年)でも話題になった歌唱力も存分に発揮している。
 
前半は、フェスで出会い、グループのヨーロッパツアーに同行するついでに各地でデートを重ね、南仏のリゾートでバカンスを過ごすなど、恋に浮かれる2人をロマンック&ゴージャスに描く。2人の関係が世間に知られる後半では、レーヌの年齢が大バッシングを受けることになる。
 
日夜張り付いてくるパパラッチ、SNSの誹謗(ひぼう)中傷、そして娘のイジーが学校で受ける屈辱が、ソレーヌを追い詰めていく。独身のソレーヌがヘイズと交際しても問題はないはずなのに、ここまで攻撃されるのはなぜなのか。性別を入れ替えて考えてみよう。24歳の女性アイドルが40歳のバツイチ男性と交際しても、たいして攻撃されないはずなのに。
 
監督・脚本は、パキスタン出身の男性コメディアンとアメリカ人女性のカップルが、文化の違いを乗り越えて結婚に向かうラブコメディ「ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ」(18年)や「タミーフェイの瞳」(22年)を手がけたマイケル・ショウォルター。本作ではロマンックなラブストーリーとして振り切りながら、現代社会がはらむ問題をさりげなく提起する。その「さりげなさ」のさじ加減もちょうどいい。
 
「アイデア・オブ・ユー ~大人の愛が叶うまで~」はAmazon Prime Videoで独占配信中

関連記事

ライター
ひとしねま

須永貴子

すなが・たかこ ライター。映画やドラマ、TVバラエティーをメインの領域に、インタビューや作品レビューを執筆。仕事以外で好きなものは、食、酒、旅、犬。