ひとしねま

2022.6.24

データで読解:待望の洋画大作が加勢

毎週公開される新作映画、どれを見るべきか? 見ざるべきか? 毎日新聞に執筆する記者、ライターが一刀両断。褒めてばかりではありません。時には愛あるダメ出しも。複数の筆者が、それぞれの視点から鋭く評します。筆者は、勝田友巳(勝)、高橋諭治(諭)、細谷美香(細)、鈴木隆(鈴)、山口久美子(久)、倉田陶子(倉)、渡辺浩(渡)、木村光則(光)。

2022年も折り返し地点を迎え、社会・経済活動が平常化に向かう中で映画興行も活況である。一般消費者に向けた定点調査結果を見ても、劇場鑑賞意向の高さは春以降、「コロナ前」の19年のレベルに到達している。

日本の映画興行の復興レベルは世界と比べても高い。英調査会社GowerStreetAnalytics社のリポートによれば、コロナ前の3年間平均総興収と比べて、世界全体では39%減に対して、日本は14%減まで戻った。背景には他国よりも早く営業が再開され、感染予防対策や安心感の醸成に成功する中、早々に自国映画・アニメのジャンルからヒット作が生まれたことがある。残すは米ハリウッド大作の安定供給開始だったが、以前に近いペースとなっていた。

1位に返り咲いた「トップガン マーヴェリック」は待望の洋画大作メガヒット。現在56億円を超え、週末2日間の興収も5.9億円と勢いを維持している。

今後もコロナ前並みの展開と仮定すると、年間総興収は2000億円程度と計算され、近年では「アナと雪の女王」が大ヒットした14年と同程度。夏以降の公開ラインアップを見ても、見通しは明るい。多様なジャンルからのヒットが生まれる土壌が市場の底力となり、復興の勢いのドライバーになっている。(GEM Partners代表・梅津文)

トップガン マーヴェリック

エリート・パイロットチーム“トップガン”に、伝説の男マーヴェリック(トム・クルーズ)が教官として帰ってきた。任務は、世界の危機を回避する極秘ミッションを達成するために集結した若きトップガンたちの訓練。が、その中にはマーヴェリックのかつての親友グースの息子ルースター(マイルズ・テラー)がいた。父の死はマーヴェリックに責任があると信じている彼はことごとく反発するが……。

新着記事