「バカ塗りの娘」 ©2023「バカ塗りの娘」製作委員会

「バカ塗りの娘」 ©2023「バカ塗りの娘」製作委員会

2023.9.08

特選掘り出し!:「バカ塗りの娘」 りりしい女性の息吹

毎週公開される新作映画、どれを見るべきか? 見ざるべきか? 毎日新聞に執筆する記者、ライターが一刀両断。褒めてばかりではありません。時には愛あるダメ出しも。複数の筆者が、それぞれの視点から鋭く評します。筆者は、勝田友巳(勝)、高橋諭治(諭)、細谷美香(細)、鈴木隆(鈴)、山口久美子(久)、倉田陶子(倉)、渡辺浩(渡)、木村光則(光)、屋代尚則(屋)、坂本高志(坂)。

津軽塗の世界に足を踏み入れた若い女性の物語。不器用だが情熱を内に秘め、ひたむきに生きる主人公に、昨年を代表する作品「ケイコ 目を澄ませて」が重なった。「ケイコ」が動ならこちらは静と、全く異なる作風だが、芯が強く素朴な女性の生き様が心を震わす。

青森県弘前市。美也子(堀田真由)はスーパーで働きつつ、津軽塗職人の父(小林薫)の仕事を手伝っている。人と相対するのが苦手で、津軽塗の仕事は好きなのに父にうまく伝えられない。母は仕事一辺倒の父に愛想を尽かして家を出て、兄(坂東龍汰)は家業を継がず美容師をするなど家族もちぐはぐだ。

序盤は、漆を塗っては研ぐを繰り返す津軽塗の工程を丁寧に見せる。モノづくりへの敬意が後に効いてくる。美也子は自分がいかにその仕事が好きか、ゆっくりと気付く。内気で下を向きがちだった彼女の目の表情や立ち居振る舞いが、強い意志を示していく。頑固で一本気で、娘が後を継ぐことに反対だった父の心も次第に溶けていく。家族の在り方の変化や伝統工芸の困難な現状も見せながら、その中で自身の気持ちに臆せず歩もうとするりりしい女性の息吹を感じさせる。鶴岡慧子監督。1時間58分。東京・シネスイッチ銀座、大阪ステーションシティシネマほかで公開中。(鈴)