「神回」 ©2023東映ビデオ

「神回」 ©2023東映ビデオ

2023.7.28

「神回」

毎週公開される新作映画、どれを見るべきか? 見ざるべきか? 毎日新聞に執筆する記者、ライターが一刀両断。褒めてばかりではありません。時には愛あるダメ出しも。複数の筆者が、それぞれの視点から鋭く評します。筆者は、勝田友巳(勝)、高橋諭治(諭)、細谷美香(細)、鈴木隆(鈴)、山口久美子(久)、倉田陶子(倉)、渡辺浩(渡)、木村光則(光)、屋代尚則(屋)、坂本高志(坂)。

夏休み中のある高校。文化祭実行委員の沖芝樹(青木柚)は早めに教室につき眠ってしまう。もう一人の実行委員の加藤恵那(坂ノ上茜)に起こされて午後1時から打ち合わせを始めるが、5分たつと樹は午後1時に戻っている。抜け出せないループに陥った樹は、混乱を極めていく。

新たな才能を発掘する東映ビデオのニューシネマファクトリー第1弾。不安と妄想、若者の内に秘めた心情をずるずると照らし出した脚本に魅せられた。青春真っただ中のループにどう決着をつけるかと思っていたら、老いの後悔や切なさに着地。青春映画の進化系の趣を感じる。タイムループものは枚挙にいとまがないが、学校や教室内という、ほど良い閉鎖環境との親和性も新鮮だ。

しかし、落としどころは平板でやや拍子抜け。終盤は収束感を出すよりも、はじき飛ばす感性があってよかったかも。焦燥感たっぷりの青木、はつらつとした坂ノ上の躍動感にも注目。中村貴一朗監督。1時間28分。東京・新宿シネマカリテ、大阪・シネ・リーブル梅田ほかで公開中。第2弾「17歳は止まらない」は8月4日公開。(鈴)

ここに注目
登場人物はほぼ2人。種明かしまでのミスリードも手が込み、よくある設定でも先読みさせまいと観客に挑戦する趣だ。その試みは半ばは成功。ただ、つじつまの合わない細部が気になったし、描写の生臭さと物語の着地点がややバランスを欠く。後味はしみじみともほのぼのとも言いがたいのが残念。(勝)

関連記事