「きっと、それは愛じゃない」 © 2022 STUDIOCANAL SAS. ALL RIGHTS RESERVED.

「きっと、それは愛じゃない」 © 2022 STUDIOCANAL SAS. ALL RIGHTS RESERVED.

2023.12.15

「きっと、それは愛じゃない」 幸せな結婚とは?

毎週公開される新作映画、どれを見るべきか? 見ざるべきか? 毎日新聞に執筆する記者、ライターが一刀両断。褒めてばかりではありません。時には愛あるダメ出しも。複数の筆者が、それぞれの視点から鋭く評します。筆者は、勝田友巳(勝)、高橋諭治(諭)、細谷美香(細)、鈴木隆(鈴)、山口久美子(久)、倉田陶子(倉)、渡辺浩(渡)、木村光則(光)、屋代尚則(屋)、坂本高志(坂)。

ロンドンで暮らすドキュメンタリー監督のゾーイ(リリー・ジェームズ)は、久しぶりに会った幼なじみでパキスタン系イギリス人医師のカズ(シャザド・ラティフ)からお見合い結婚をするつもりだと聞く。選択肢の多い時代にそんな決断をしたことに驚き、好奇心からお見合い過程を撮影することに。アプリを使って運命の人との出会いを求めながらも失敗を重ねてきたゾーイは、お見合いを進めるカズへの思いに気づいていく。

「アバウト・タイム 愛(いと)おしい時間について」の製作陣が集ったラブコメディー。恋と結婚に揺れる主人公というキャラクターは定番だが、ムスリムの文化や宗教の問題を盛り込んだことで現代の物語になっている。幸せな結婚とは家族の理解がなければ成立しないものなのか、それとも?……という問いを軽やかなタッチで描き出したのは、「エリザベス」のシェカール・カプール監督。ロンドンの風景の中でパキスタン流のカラフルできらびやかなウエディングが描かれ、目にも楽しい一本になっている。1時間49分。東京・ヒューマントラストシネマ有楽町、大阪・シネ・リーブル梅田ほか。(細)

異論あり

マッチングアプリでの婚活など、結婚に至る経路も多彩な時代。親が決めた相手とのお見合いは過去の遺物のようでも、文化や慣習が異なれば今でもその一つ。ただ本作の本筋は、恋に不器用な2人のすれ違い。障害や勘違いに、もどかしさもたっぷり加味して、ラストは想像通り。(鈴)