8月23日東京都台東区の浅草寺の百日紅(さるすべり)前にて菅田将暉、原田美枝子

8月23日東京都台東区の浅草寺の百日紅(さるすべり)前にて菅田将暉、原田美枝子

2022.8.23

「原田さんを『オカン』ってよべるかなあ!」菅田将暉、原田美枝子「百花」大ヒット祈願

公開映画情報を中心に、映画評、トピックスやキャンペーン、試写会情報などを紹介します。

宮脇祐介

宮脇祐介

9月9日公開の映画「百花」(毎日新聞社など製作委員会)の大ヒット祈願が、8月23日東京都台東区の浅草寺にて行われた。
作品は監督でもある川村元気の同名ベストセラー小説が原作。思い出の薄れゆく母・百合子と一人息子・泉の「半分の花火」を巡る「記憶」の物語。
主演の菅田将暉、原田美枝子は本堂で大ヒット祈願の後、伝法院・大書院にてトークセッションを行った。
大書院の横の庭では偶然にも「百花」にちなんだ百日紅(さるすべり)の花が満開を迎えていた。
 
ヒット祈願の感想に菅田が「物理的に風とか気持ちが良かった。癒やされました」と答えると「観音様の波動でしょう」と原田が息を合わせる。
 
撮影の思い出を問われ、川村監督のワンシーンワンカットの長回しの撮影について菅田は「余裕がなく、シーンを振り返られなかったが、映画を見て意図が分かり安心した」、原田は「何秒を集中するのと、何分を集中するのは違う、何を撮りたいか最初は謎だったが、役者の奥の物を撮ろうとしたことがわかり、理解した」とそれぞれの苦労と監督の意図が結実したことを語った。
 
撮影現場ではお互い役でしか見ていなかったが、宣伝キャンペーンを通じて菅田は原田のことを「人間力のある人」、原田は菅田のことを「現場をまとめる良い人」と好印象を持ったよう。

 
それぞれを本当の母、息子だったら何をするかとの質問に菅田は第一声で「原田さんを『オカン』ってよべるかなあ!」と照れ笑いしながら「僕がいくらでも運転するので、パリで原田さんにスカーフを巻いて、サングラスして、オープンカーに乗ってもらって走りたい」と、原田は「隅田川の花火を見たい。そして撮影を思い出して泣いてしまう」と話した。劇中での半分の花火をバックにシンクロして演技をすることに話が及んだ。
 
最後に原田は「映画館の暗闇の中で画面と対面するのがぜいたく。親子の2人の歴史をぜひ大きな画面で見てほしい」、菅田は「監督からコロナの始まった2年前に話があり使命感を持って撮った。今日は気持ちの良い祈願ができた」とそれぞれが締めくくった。

百花

レコード会社に勤務する葛西泉(菅田将暉)と、ピアノ教室を営む母・百合子(原田美枝子)。
ふたりは、過去のある「事件」をきっかけに、互いの心の溝を埋められないまま過ごしてきた。
そんな中、突然、百合子が不可解な 言葉を発するようになる。
「半分の花火が見たい・・・」
それは、母が息子を忘れていく日々の始まりだった。
認知症と診断され、次第にピアノも弾けなくなっていく百合子。やがて、泉の妻・香織(長澤まさみ)の名前さえ分からなくなってしまう。皮肉なことに、百合子が記憶を失うたびに、泉は母との思い出を蘇らせていく。そして、母子としての時間を取り戻すかのように、泉は母を支えていこうとする。
だがある日、泉は百合子の部屋で一冊の「日記」を見つけてしまう。
そこに綴られていたのは、泉が知らなかった母の「秘密」。あの「事件」の真相だった。
母の記憶が消えゆくなか、泉は封印された記憶に手を伸ばす。
一方、百合子は「半分の花火が見たい…」と繰り返しつぶやくようになる。
「半分の花火」とはなにか?
ふたりが「半分の花火」を目にして、その「謎」が解けたとき、息子は母の本当の愛を知ることとなる―――

ライター
宮脇祐介

宮脇祐介

みやわき・ゆうすけ 福岡県出身、ひとシネマ総合プロデューサー。映画「手紙」「毎日かあさん」(実写/アニメ)「横道世之介」など毎日新聞連載作品を映像化。「日本沈没」「チア★ダン」「関ケ原」「糸」など多くの映画製作委員会に参加。朗読劇「島守の塔」企画・演出。追悼特別展「高倉健」を企画・運営し全国10カ所で巡回。趣味は東京にある福岡のお店を食べ歩くこと。

カメラマン
宮脇祐介

宮脇祐介

みやわき・ゆうすけ 福岡県出身、ひとシネマ総合プロデューサー。映画「手紙」「毎日かあさん」(実写/アニメ)「横道世之介」など毎日新聞連載作品を映像化。「日本沈没」「チア★ダン」「関ケ原」「糸」など多くの映画製作委員会に参加。朗読劇「島守の塔」企画・演出。追悼特別展「高倉健」を企画・運営し全国10カ所で巡回。趣味は東京にある福岡のお店を食べ歩くこと。

新着記事