「ハッピーニューイヤー」 ©2021 CJ ENM CORP., HIVE MEDIA CORP. ALL RIGHTS RESERVED

「ハッピーニューイヤー」 ©2021 CJ ENM CORP., HIVE MEDIA CORP. ALL RIGHTS RESERVED

2022.12.09

「ハッピーニューイヤー」

毎週公開される新作映画、どれを見るべきか? 見ざるべきか? 毎日新聞に執筆する記者、ライターが一刀両断。褒めてばかりではありません。時には愛あるダメ出しも。複数の筆者が、それぞれの視点から鋭く評します。筆者は、勝田友巳(勝)、高橋諭治(諭)、細谷美香(細)、鈴木隆(鈴)、山口久美子(久)、倉田陶子(倉)、渡辺浩(渡)、木村光則(光)、屋代尚則(屋)、坂本高志(坂)。

クリスマスと新年を前に、華やいだ雰囲気の高級ホテル、エムロス。長年の男友達から結婚すると知らされて動揺するホテルのマネジャー(ハン・ジミン)や、スイートルームの宿泊客で偶数にこだわるCEO(イ・ドンウク)ら、年齢も立場も違う14人の男女の恋模様が描かれる。

韓国映画、ドラマのファンにおなじみの豪華な役者陣を束ね、多彩なエピソードをテンポよく組み立てたのは「猟奇的な彼女」のクァク・ジェヨン監督。とりわけ、カン・ハヌルとユナの持ち味が生きた、人生に行き詰まった男がモーニングコールの声に励まされる物語や、苦楽をともにするシンガー・ソングライターとマネジャーの浪花節的なエピソードに心を動かされた。

まさに韓国版「ラブ・アクチュアリー」といった趣で、エンドロールまでホスピタリティーたっぷり。目新しさを求める向きには物足りないかもしれないが、せわしないこの季節、映画館でほっと一息つきたい人におすすめの一本だ。2時間18分。東京・新宿ピカデリー、大阪ステーションシティシネマほか。(細)

ここに注目

クリスマスにふさわしい、多幸感いっぱいのラブコメディー。お気楽な娯楽作だが、韓国映画の実力がうかがえる。大勢のスターが登場するエピソードを手際よくさばき、作り込んだ豪華な映像で飽きさせない。日本でこれだけの映画、果たして作れるだろうか。(勝)

関連記事

新着記事