第76回毎日映画コンクールで男優助演賞を受賞した仲野太賀

第76回毎日映画コンクールで男優助演賞を受賞した仲野太賀

2022.2.16

男優助演賞 仲野太賀「すばらしき世界」 間違いなく自分の代表作

日本映画大賞に「ドライブ・マイ・カー」

男優主演賞 佐藤健「護られなかった者たちへ」
女優主演賞 尾野真千子「茜色に焼かれる」


第76回毎日映画コンクールの受賞作・受賞者が決まりました。2021年を代表する顔ぶれが並んでいます。受賞者インタビューを順次掲載。
1946年、日本映画復興を期して始まった映画賞。作品、俳優、スタッフ、ドキュメンタリー、アニメーションの各部門で、すぐれた作品と映画人を顕彰しています。

勝田友巳

勝田友巳

〝聖地〟西川組での受賞、何よりうれしい

男優助演賞は「すばらしき世界」(西川美和監督)の仲野太賀が射止めた。ここ数年、映画、テレビで印象的な役どころを好演し、進境著しい成長株だ。受賞を素直に喜んだ。


観客と映画の橋渡しを務めようと

「『すばらしき世界』の西川組で賞をいただけたのが、何よりうれしいです」。中学生で西川監督の「ゆれる」を見て衝撃を受け、西川監督に憧れていた。「日本映画ってこんなに面白いんだと。今見返しても新しくて、偉大な作品だと思う。その後も素晴らしい作品を作ってこられて」

実は西川組での仕事は初めてではない。10年ほど前、西川監督が演出したテレビドラマに半ば強引に志願して、少しだけ出演している。「セリフもない、寄りのカットもない『大学生B』みたいな役」だったが、西川監督は彼を覚えていた。「父親(俳優の中野英雄さん)の唯一の忠告が『誰かがどこかで見ているから手を抜くな』だったんですが、ほんとにあるんだね、みたいな」。冗談めかしていても、心底うれしそうだ。

演じたのは作家志望の青年、津乃田。刑務所から出所した三上(役所広司)の更生をテレビドキュメンタリーにしようと取材する。殺人犯で元ヤクザの三上に最初はおっかなびっくりだが、真っすぐな人柄に次第に引かれていく。「観客と映画の橋渡しになってほしいと監督からも言われ、自分でもそう思いました。僕を通して三上に共感してもらえたらいいなと」。変幻自在な役所と堂々と渡り合い、その演技は高く評価された。
©佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会

「役所広司さんに引き上げられていくのが分かった」

撮影中は出番のない日も現場に来て、「役所さんをずっと見てました」という。俳優としての「記憶の蓄積、演技の糧」となるから。そればかりではない。

「僕の役割は三上を見つめ続けることだと思っていました。三上は元ヤクザで、人をあやめている。自分と違う人間にどれだけ思いをはせられるかが、2人の関係性には必要だと思ったんです。だから、現場で役所さんが何を感じて、どんな思いで臨んでるのか、言葉を交わすのでなく、思いをはせるようにして、寄り添えたらいいなと」

演技への評価は役所のおかげという。

「役所さんを前にして、自分が引き上げられていくのが分かるんですよ。込み上がってくるものが誘発される、広がっていく。無自覚に扉が開かされていく感覚でしたね。日本最高峰の役者さんの頂はとてつもなく高かった。こんなお芝居ができるんだ、心を揺さぶることができるんだと。俳優という職業の魅力に、改めて気付かされた。まだまだこの先、道があるんだと実感しました。それは希望でもあるし、挑戦でもあるんですけど」

スタッフも、今回の毎日映コンで撮影賞に選ばれた笠松則通はじめ、そうそうたる面々だった。「映画をよく見た2000年代に、憧れていた方々ばかり。西川組のカメラ前は、自分にとっての聖地。この場所にいるために、ここまで頑張ったと思えたんです。まぎれもなく、自分にとっての代表作だし、お守りだと思ってます」

デビュー直後に手痛い「洗礼」

13歳でデビューして、すでに15年。デビュー直後はやんちゃで、こんな経験も。少年野球映画「バッテリー」(滝田洋二郎監督)にオーディションで選ばれ、野球部員の一人として出演した。ところが撮影中、同年代の出演者と大はしゃぎ。滝田監督に、態度が悪いと叱られ、セリフを大幅に削られた。

「いちばんの見せどころをガッツリと。役が変わった。君じゃダメだって。忘れもしないです。あの瞬間は、すべての大人を恨みました。ま、自分が悪いんですけどね。あの時があるから、今の自分があるっていうか(笑い)」

ただ、演技への思いは当時と変わらないという。

「不思議とお芝居のモチベーションみたいなものは、始めた頃と変わってないですね。10代から20代前半の方が、こうありたいという気持ちは、もっと強かった気がします。いろんな人と出会っていくうちに、自分を肯定してもらえた気がして、そのままの自分でいいのかもしれないと、肩の力とか貪欲さとかが抜けてきた。そのタイミングで、状況も変わってきたのかな」

「すばらしき世界」への出演と受賞は、励みになりそうだ。「この経験で、映画をやっていいという気持ちになれた。西川さんと役所さんと過ごした時間があった自分は、もっともっと頑張らなきゃと、そういう思いです」

言葉を探して考えながら、誠実な受け答え。目指す俳優像は?の問いへの答えは、あえてそのままを字にすると、こんな感じだった。

「うーん、そうだなあ(50秒の沈黙)……強気でパーンと言いたいなあ。まあそうですね(さらに1分超)……ぼくがなんか、役所さんに憧れたように、なんか、ほかにも尊敬する俳優さんはいっぱいいるんですけど、そういう人たちみたいに、若い世代に、こう、なんだろうな……そういう、なんか、こういう人がいるから、自分も役者やってみたいと、そういう存在になったらいいと思います」

長い間がけっして気まずくなく、むしろ出てくる言葉を楽しみに待ったのだった。

すばらしき世界

元ヤクザで殺人罪で服役していた三上正夫(役所広司)が出所する。「6犯10入」、人生の大半を刑務所で過ごした三上は今度こそ更生を誓う。生き別れの母親を探したいと、三上は自分の経歴を描きためた「身分帳」をテレビ局に送り、目を留めたプロデューサーが作家志望の青年、津乃田(仲野太賀)に取材を依頼する。三上は世間の冷たい風当たりに苦労しながら、身元引受人の弁護士やスーパー店長、社会福祉事務所の職員らに支えられてまっとうに生きようと格闘する。佐木隆三のノンフィクション「身分帳」を元に映画化。

©佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会

ライター
勝田友巳

勝田友巳

かつた・ともみ ひとシネマ編集長、毎日新聞学芸部専門記者。1965年生まれ。90年毎日新聞入社。学芸部で映画を担当し、毎日新聞で「シネマの週末」「映画のミカタ」、週刊エコノミストで「アートな時間」などを執筆。

カメラマン
ひとしねま

長谷川直亮

毎日新聞写真部カメラマン

新着記事