呪餐 悪魔の奴隷

呪餐 悪魔の奴隷

「呪詛」、「女神の継承」、「哭悲/The Sadness」など、次々に話題作が生まれるアジア発ホラー。本作は、1980年代に、〝イスラム教圏で最も恐いホラー映画〟といわれたインドネシア映画「夜霧のジョギジョギモンスター」の舞台を現代に移してリメイクされた「悪魔の奴隷」(2017年)の4年後を描く続編。「悪魔の奴隷」は、2017年のインドネシア映画で観客動員数1位(420万人)を記録するヒットとなったが、本作は、本国で640万人を超える観客動員を記録し、歴代興行収入3位のメガヒットとなった。

惨劇に包まれた田舎の一軒家を後にし、4年前にジャカルタの高層アパートに、父とふたりの弟と共に越してきたリニ。世間では、数年に渡って2,000人が犠牲になるという前代未聞の連続殺人事件が起きていた。やがて、リニたちの周囲を度重なる不幸が襲い始める。アパートのエレベーターが落下し、多くの住人が命を落とし、父親も重傷を負う。さらに、死者の埋葬もできないうちに、局地的な大嵐によって下層階が浸水。停電も併発しアパートは完全に孤立してしまう。リニたち住人は、寒々しいアパートで多数の遺体と一夜を過ごさなければならなかった。

公開:2023年2月17日
配給:アルバトロス・フィルム
©2022 Rapi Films

新着記事