銀河鉄道の父

銀河鉄道の父

宮沢賢治の没後90年となる2023年に、笑いあり、涙ありの宮沢家の物語が誕生。


原作は、宮沢賢治の父・政次郎について書かれた資料を集め、究極の家族愛を描いた門井慶喜の同名の第158回 直木賞受賞作。監督は、「八日目の蟬」「いのちの停車場」など、感動作を手掛けてきたヒットメーカー成島出。宮沢賢治の父・政次郎は役所広司、長男・賢治は菅田将暉が演じる。

宮沢賢治の父・宮沢政次郎は、父の代から富裕な質屋。長男の賢治は、本来なら家を継ぐ立場だが、賢治は適当な理由をつけてはそれを拒む。学校卒業後は、農業や人工宝石、宗教と我が道を行く賢治。政次郎は厳格な父親であろうと努めるも、賢治のためなら、とつい甘やかしてしまう。やがて、妹・トシの病気を機に、賢治は筆を執るが・・・。

公開:2023年5月5日
配給:キノフィルムズ
©2022「銀河鉄道の父」製作委員会

新着記事