日の丸~寺山修司40年目の挑発~

日の丸~寺山修司40年目の挑発~

ドキュメンタリー映画を発表し続けているTBSの新ブランドで、“DOCS” 製作。
1967年2月9日にTBSで放送されたドキュメンタリー番組「日の丸」。劇作家の寺山修司が構成を担当し、街頭インタビューのみで構成された番組は、街ゆく人々に「日の丸の赤は何を意味していますか?」「あなたに外国人の友達はいますか?」「もし戦争になったらその人と戦えますか?」といった、「日の丸」に対する本質的な問いを投げかけ、放送直後から抗議が殺到するなど大きな波紋を広げた。
そして、ロシアによるウクライナ侵攻や安倍元首相の銃撃事件、特定の宗教の政治関与に関する報道、3年後に大阪万博を控えた2022年。この偶然にも類似した2つの時代を対比させることによって、「日本」や「日本人」の姿を浮かび上がらせようと、若干28歳のテレビディレクター佐井大紀が自ら街頭に立った。
当時、寺山は何を考えていたのか?「情念の反動化への挑戦」という、テレビという公共の電波を使った壮大な実験とは?
当時を知る人物へのインタビューや当時の資料から、寺山が本当にやりたかったことが明らかにされていく。

公開:2023年2月24日
配給:KADOKAWA
©TBSテレビ

新着記事