二十歳の息子

二十歳の息子

監督は、ゼロ年代に生きる若者の夢と挫折を描いたデビュー作「ドコニモイケナイ」(2012年)で第53回日本映画監督協会新人賞を受賞、福島県広野町を舞台に震災の復興とは何かを問いかけた「春を告げる町」(2019年)の島田隆一。「父親」になったゲイの男性と、実親を知らない「息子」 。いわゆる普通の家族や親子の枠を超えて、人が人とどう繋がりをもつことができるのか。2人の「生きなおし」のドキュメンタリー。 

児童養護施設の子どもたちの自立支援団体「ブリッジフォースマイル」で働く網谷勇気(40)は、幼少期より児童養護施設に預けられ、両親の顔も知らずに育った渉(わたる)と知り合う。高校を卒業しても二人の関係は続いていたが、渉が二十歳になった頃にある事件を起こし、起訴されてしまう。網谷は、団体の職員として関わることに限界を感じ、渉の生活を立て直す手段として、養子縁組を提案する。自身がゲイである網谷は、それまで家族をつくることを特に望んではいなかった。親を知らない経歴に加えて、多感な年頃でもある「二十歳の息子」の父親になった網谷。照れ臭さと緊張をにじませながら、2人の新生活が始まった。

公開:2023年2月11日
配給:ブライトホース・フィルム
© JyaJya Films

製作年 2022年

出演 :

    新着記事