ゴルゴ13

国際的な不死身のスナイパー・ゴルゴ13ことデューク・東郷(高倉健)を主人公にした人気漫画の1回目の映画化。ゴルゴ13の今回の仕事のターゲットは、中近東を根城に麻薬、人身売買のシンジケートを作り上げているボスのボア。依頼したのはある国の秘密警察で、すぐにイランに飛んだ。そしてゴルゴ13は、次から次へと敵の繰り出す殺し屋と対決しながら、徐々にボアを追い詰めていくのだった。(追悼特別展「高倉健」図録より)

製作年 1973年

出演 :

新着記事