ブラック・レイン

高倉健3本目のアメリカ映画。ニューヨークから大阪にやって来た刑事が不慣れな街で活躍するアクション。ニューヨーク市警のニック(マイケル・ダグラス)とチャーリー(アンディ・ガルシア)は殺人犯のやくざ・佐藤(松田優作)を大阪に護送する。しかし大阪空港で佐藤を逃がしてしまい、2人は大阪府警の松本(高倉健)と行動を共にすることになる。佐藤は暴力団のボス(若山富三郎)と独立をめぐって対立。チャーリーが佐藤に殺され、復讐を誓うニック。そしてボスと佐藤が手打ちをするという情報が入り、松本とともに向かった。(追悼特別展「高倉健」図録より)

新着記事