そばかす

そばかす

蘇畑佳純(三浦透子)は、昔から人に恋愛感情を抱くことがないまま生きてきた。男性が苦手な訳じゃない。女性が好きな訳でもない。とにかく、他人を性的な対象として見ることができないのだ―。
 
その一方で、海辺の地方都市で家族と共に暮らし、もう30歳になった佳純にとって、結婚はいつでも上がる話題だった。母親はいつも結婚の話ばかり。妹はもう結婚をし、今は妊娠中だ。佳純の思いなどお構いなしに、周囲は結婚することが女性として当たり前だ、まして30にもなって…と言わんばかりなのだった。
 
ある日、母親に誘われて出かけると、連れて行かれた先はなんとお見合い。帰ろうとする佳純だったが、相手の男性・木暮翔(伊島空)と話してみると、相手も恋愛に興味がないと言う。意外なことから親近感を感じ、距離を縮めていく二人。しかし、デートを重ねる内に佳純に恋愛感情を抱いてしまった彼は、ついに佳純に男女の関係を迫る。佳純はそれを拒否し、二人の関係は一瞬にして終わってしまうのだった。
 
そんな折、佳純は中学の同級生・世永真帆(前田敦子)と偶然再会する。彼女は東京でAV女優として活躍した後、地元へ帰ってきていたのだった。久々の再会を懐かしみ、急速に距離を縮める二人。女性に対する古い価値観への疑問を率直に伝える真帆に、佳純は共感を覚える。そして、誰にも恋愛感情も性欲も湧かないことを告白する佳純。二人の距離は益々縮まり、やがて二人は一緒に暮らすことを計画する。
 
しかし、真帆は突然、結婚が決まったことを告げる。驚きながらも、素直に祝福する佳純。佳純にとって、自分の大切な真帆が結婚を決意したことは素直に嬉しいことだった。性別を問わず、自分には誰かを自分のものにしたい気持ちがないことを確信した佳純は、ついに家族の前ではっきりと自分の思いを告げる。
 
「恋愛もしたくないし、そういう感情もない。だから一人でも生きていける―それが私。」
 
そして、真帆の結婚式。友人代表としてスピーチを頼まれていた佳純は、言葉の代わりに子どもの頃からプロを目指して練習してきたチェロを演奏する。これが最後の演奏だと決めて。佳純は、自分で選んだ道へと、一歩を踏み出そうとしていた―。

公開:2022年12月16日
配給:ラビットハウス
©2022「そばかす」製作委員会

新着記事