「シャドウ・イン・クラウド」

「シャドウ・イン・クラウド」

2022.7.11

クロエVS空の怪物 痛快ベストバトル 「シャドウ・イン・クラウド」 村山章

2022年もはや7月。上半期の映画界では、新作に加えてコロナ禍で延期されていた作品がようやく公開され、ヒットも続発。映画館のにぎわいも戻ってきた。ひとシネマ執筆陣が5本を選び、上半期を振り返ります。

村山章

村山章

①    「シャドウ・イン・クラウド」(ロザンヌ・リャン監督)
②    「神は見返りを求める」(吉田恵輔監督)
③    「林檎とポラロイド」(クリストス・ニコー監督)
④    「不都合な理想の夫婦」(ショーン・ダーキン監督)
⑤ 「峠 最後のサムライ」(小泉堯史監督)

第二次大戦の空戦映画にモンスターとフェミニズムとアクションをブッ込んだ「シャドウ・イン・クラウド」の痛快さは、今年上半期でも唯一無二。B級にカテゴライズされるとしても映画らしい興奮に満ちていて、クロエ・グレース・モレッツVS空の怪物の対決はおそらく2022年のベストバトルになる。


「 神は見返りを求める」 ©2022「神は見返りを求める」製作委員会

悪意と共感が矛盾なく共存

昨年「BLUE/ブルー」「空白」が公開された吉田恵輔監督の「神は見返りを求める」は、ある意味で文芸路線だった前作とは正反対に振り切った、皮肉と諧謔(かいぎゃく)に満ちたブラックコメディー。悪意と共感が矛盾なく共存する吉田作品の空気感は、ギスギスしていてもやはり心地よい。「峠 最後のサムライ」については、正直いろんな問題があって、原作を知らない人の多くは置いてきぼりになると思うのだが、黒澤明組直系の手間暇かけた映像のたたずまいや、苛烈な生涯を駆け抜けた河井継之助の「最後の1年間」にフォーカスすることで立ちのぼる「滅びの前の穏やかな時間」に得難い魅力を感じた。
 
シネマの週末:神は見返りを求める

関連記事

ライター
村山章

村山章

むらやま・あきら 1971年生まれ。映像編集を経てフリーライターとなり、雑誌、WEB、新聞等で映画関連の記事を寄稿。近年はラジオやテレビの出演、海外のインディペンデント映画の配給業務など多岐にわたって活動中。

新着記事