「神は見返りを求める」  ©2022「神は見返りを求める」製作委員会

「神は見返りを求める」 ©2022「神は見返りを求める」製作委員会

2022.6.24

神は見返りを求める

毎週公開される新作映画、どれを見るべきか? 見ざるべきか? 毎日新聞に執筆する記者、ライターが一刀両断。褒めてばかりではありません。時には愛あるダメ出しも。複数の筆者が、それぞれの視点から鋭く評します。筆者は、勝田友巳(勝)、高橋諭治(諭)、細谷美香(細)、鈴木隆(鈴)、山口久美子(久)、倉田陶子(倉)、渡辺浩(渡)、木村光則(光)、屋代尚則(屋)、坂本高志(坂)。

イベント会社に勤める田母神(ムロツヨシ)は、合コンでユーチューバーのゆりちゃん(岸井ゆきの)に出会う。田母神は登録者数が伸びないゆりちゃんをふびんに思い、見返りを求めずに手伝って、2人は良きパートナーになる。しかし、ゆりちゃんはある動画をきっかけに人気ユーチューバーの仲間入りをする。

売れっ子になったゆりちゃんを巡って、見返りを求める男と恩をあだで返す女に変貌した2人。建前と本音、憧れと嫉妬が、憎悪や嫌悪の感情にエスカレートし、人の見たくない部分をさらけ出す展開は吉田恵輔監督ならでは。周囲の人たちの裏の側面もあぶり出して不快感を拡幅させる。結局2人は元には戻らないまでも、互いに過ごした時間や思いにほだされてか、自分を取り戻そうとして矛を収める。その直後に2人が受ける身体的苦痛は、ありがちな展開すぎてやや凡庸。ほどほどの暴走感はあるが、前作に続き、毒気の収縮には人の良さが垣間見えて物足りない。1時間45分。東京・TOHOシネマズ日比谷、大阪・TOHOシネマズ梅田ほか。(鈴)

インタビュー:ムロツヨシ「神は見返りを求める」で新境地 〝いい人〟の仮面剝がれ凶暴な素顔が…

ここに注目

人間の愚かさや情けなさを、気まずいユーモアとともに描き出す監督の持ち味が全編に。過剰ともいえるエンディングには若干引きつつも、人ごととして突き放す気持ちにはなれなかった。ユーチューブを全否定するのではなく俯瞰(ふかん)しようとする視座には、監督の誠実さを感じた。(細)

関連記事

新着記事