「プアン/友だちと呼ばせて」©2021 Jet Tone Contents Inc.All Rights Reserved.

「プアン/友だちと呼ばせて」©2021 Jet Tone Contents Inc.All Rights Reserved.

2022.8.04

「プアン/友だちと呼ばせて」生きる悲哀を見つめることで:英月の極楽シネマ

「仏教の次に映画が大好き」という、京都・大行寺(だいぎょうじ)住職の英月(えいげつ)さんが、僧侶の視点から新作映画を紹介。悩みを抱えた人間たちへの、お釈迦(しゃか)様のメッセージを読み解きます。

英月

英月

けんか別れして国に帰った友人からの突然の電話で、米ニューヨークからタイに呼び出されたボス(トー・タナポップ)。白血病で余命を宣告されたその友人・ウード(アイス・ナッタラット)に頼まれ、彼のかつての交際相手たちを訪ねる旅に運転手として付き合わされます。彼女たちに過去の出来事を謝り後悔なく死んでいきたいと言う彼と共に、バンコクからコラート、サムットソンクラーム、チェンマイへと旅をします。命の恩人でもあったウードのためにと思っていたボスですが、旅の終わりに自身の生まれ故郷・パタヤに着いた時、本当の目的を知らされます。ウードが会って謝りたかったのは、元カノたちではなくボスだったのです。

自分の人生の終わりと向き合った時、あなたはその時間を何に使いますか。ウードは謝罪を選びましたが、その行動は自己満足にすぎないようにも見えます。事実、元カノたちは会うことを拒絶しただけでなく、彼の身勝手さに怒りました。謝罪は時に人を傷付けます。けれども私たちは、誰も傷付けないということはできないのです。悲しいことですが、その事実を知ることで開かれる世界もあるのではないでしょうか。

仏教の教えに生きた詩人、浅田正作のこんな詩があります。「自分が可愛い/ただ それだけのことで/生きていた/それが 深い悲しみとなったとき/ちがった世界が/ひらけて来た」。病気になったことで、大事な人たちを傷付けていたと知らされたウードと重なります。そしてウードに関わったすべての人たちもまた、その事実に触れ、かたくなに閉じていた自分の考えや思いが開かれたのです。8月5日からシネ・リーブル梅田ほかで公開。

プアン/友だちと呼ばせて

白血病で余命宣告を受けたウード(アイス・ナッタラット)は、ニューヨークに住む親友のボス(トー・タナポップ)をタイに呼び戻し、ウードの元恋人たちを訪ねる旅に出る。彼女たちに返したいものがあるというのだ。3人の女性を訪ねた後、ウードはボスを呼び戻した本当の理由を語り始める。

©2021 Jet Tone Contents Inc.All Rights Reserved.

ライター
英月

英月

えいげつ 1971年、京都市下京区の真宗佛光寺派・大行寺に生まれる。29歳で単身渡米し、ラジオパーソナリティーなどとして活動する一方、僧侶として現地で「写経の会」を開く。寺を継ぐはずだった弟が家出をしたため2010年に帰国、15年に大行寺住職に就任。著書に「二河白道ものがたり いのちに目覚める」ほか。インスタグラムツイッターでも発信中。Radio極楽シネマも、好評配信中。

新着記事