「ギレルモ・デル・トロのピノッキオ」Netflix

「ギレルモ・デル・トロのピノッキオ」Netflix

2022.12.16

2022年総決算 ゆく年編 後藤恵子

2022年も残りわずか。たくさんの作品が公開、配信されました。7月の上半期総決算に続いて、ひとシネマ執筆陣が1年を総まくり、「ゆく年」編は22年の10本を選出しました。返す刀の「くる年」編で、23年の期待作も紹介します。題して「ひとシネマ的ゆく年くる年」。年末年始の鑑賞ガイド、新年のカレンダーとしても、ご活用を。

後藤恵子

後藤恵子

1年はあっという間。もう1年の総括的な文章を書く時期になりました。上半期編は既に掲載されているため、下半期に見た映画で「見ていただけたら」と思う作品を50音順で挙げました。基準は見たあとに前向き、優しい気持ちになる、爽快感があると思った作品です。

気分明るく年越しを


「ギレルモ・デル・トロのピノッキオ」(ギレルモ・デル・トロ監督、Netflix)
監督らしいダークさは健在ながらも見終わったあとは爽快感が。今年のベストかも。
 
「さかなのこ」(沖田修一監督)
周囲の理解を受け、好きを突き詰める姿は見ていてほっこりします。
 
「チケット・トゥ・パラダイス」(オル・パーカー監督)
ジュリア・ロバーツのビッグスマイルを見てるだけで気分があがります。
 
「ミセス・ハリス、パリへ行く」(アンソニー・ファビアン監督)
ヒロインのキャラクターがとてもすてき。
 
「MONDAYS/このタイムループ、上司に気付かせないと終わらない」(竹林亮監督)
ラストの大団円での爽快さ。「カメラを止めるな!」を思い起こしました。
 
「窓辺にて」(今泉力哉監督)
低温の恋愛映画ですが、不思議と前向きな気持ちになれます。
 
「ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ」(ウィル・シャープ監督)
ストーリーは明るくはない。でもウェインのイラストの猫も実際の猫もとにかくかわいく、目じりがさがります。
 
今年は国内外で暗いニュースも多かったので、気分が明るくなる映画を見て、明るい気持ちで年越しを迎えたいですね。

ギレルモ・デル・トロのピノッキオ

児童文学の金字塔であり世界中で愛され続ける愛と悲しみの物語を、『パシフィック・リム』『シェイプ・オブ・ウォーター』などの鬼才ギレルモ・デル・トロが監督・脚本・製作を務め、新たに映像化したストップモーション長編アニメーション映画。

配信開始:2022年12月9日
配信:Netflix
Netflix © 2022

さかなのこ

お魚が大好きな小学生“ミー坊”は、寝ても覚めてもお魚のことばかり。お魚を、毎日見つめて、毎日描いて、毎日食べて。他の子供と少し違うことを心配する父親とは対照的に、母親はミー坊を信じて応援し、背中を押し続けるのだった。高校生になり相変わらずお魚に夢中のミー坊は、町の不良ともなぜか仲良し、まるで何かの主人公のようにいつの間にか中心にいる。やがて1 人暮らしを始めたミー坊は、思いがけない出会いや再会の中で、たくさんの人に愛されながら、ミー坊だけが進むことのできるただ一つの道にまっすぐに飛び込んで行くーー。

ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ

19世紀末から20世紀にかけて、イギリスで知らない者のなかった、大人気イラストレーター、ルイス・ウェイン。
猫の魅力を最初に”発見”した、“ネコ画家”だ。文豪・夏目漱石にインスピレーションを与え、SFの巨匠H・G・ウェルズからも、「ルイス・ウェインは独自の猫を発明した」と絶賛された稀代のアーティスト。
ルイス・ウェインとは、どんな人物だったのか? 
そこには、周囲からの大反対のなか結婚し、3年後にこの世を去ってからも、その愛で夫を生涯守り続けた妻エミリーと、親友であり人生の師でもある猫のピーターとの物語があった。

公開:2022年12月1日
配給:キノフィルムズ

©2021 STUDIOCANAL SAS - CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION

ライター
後藤恵子

後藤恵子

ごとう・けいこ 熊本県出身。映画WEBメディア運営会社、広告会社で営業、映画事業などコンテンツビジネス周りを担当。2021年10月にダフネ・エンタテインメント㈱を設立。主に映画・アニメ周りのプロモーション等に携わる。

新着記事