第76回カンヌ国際映画祭で男優賞を受賞し、トロフィーを手に記者会見に臨む役所広司=2023年5月28日、勝田友巳撮影

第76回カンヌ国際映画祭で男優賞を受賞し、トロフィーを手に記者会見に臨む役所広司=2023年5月28日、勝田友巳撮影

2023.5.27

カンヌで授賞式 日本映画2冠 役所広司に男優賞 坂元裕二に脚本賞

第76回カンヌ国際映画祭が、5月16日から27日まで開催されます。パルムドールを競うコンペティション部門には、日本から是枝裕和監督の「怪物」、ドイツのビム・ベンダース監督が日本で撮影し役所広司が主演した「パーフェクトデイズ」が出品され、賞の行方がきになるところ。北野武監督の「首」も「カンヌ・プレミア」部門で上映されるなど、日本関連の作品が注目を集めそう。ひとシネマでは、映画界最大のお祭りを、編集長の勝田友巳が現地からリポートします。

勝田友巳

勝田友巳

南仏・カンヌで開かれていた第76回カンヌ国際映画祭は、最終日の27日夜(日本時間28日未明)、授賞式が開かれ、ビム・ベンダース監督の日本映画「パーフェクトデイズ」に出演した役所広司が男優賞に、是枝裕和監督の「怪物」の坂元裕二が脚本賞に選ばれた。日本人の男優賞は2004年「誰も知らない」に出演した柳楽優弥以来2人目。脚本賞は21年「ドライブ・マイ・カー」の濱口竜介、大江崇允以来となる。
 

トロフィー手に喜び

授賞式で役所は「賞が大好きです。でもこんな華々しい場所でのスピーチはあまり好きじゃないです」と笑わせてから、「平山という魅力的な男を書いてくれた」と、自身が演じた「平山」という人物に触れ、ベンダース監督や共演者、スタッフに感謝をささげた。
 
帰国した坂元の代わりにトロフィーを手にした是枝監督は「プロットを受け取った4年半前から誠実なスタンスを見つけようと取り組んだ。一緒に開発したプロデューサーやスタッフ、キャストに感謝します」とあいさつした。
 

第76回カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞した坂元裕二の代わりにトロフィーを受け取った是枝裕和監督=2023年5月28日、勝田友巳撮影

「パーフェクトデイズ」「怪物」

「パーフェクトデイズ」は、役所演じる公共トイレの清掃員の日常を淡々と描いた。映画は東京都渋谷区の公共トイレを改修する「THE TOKYO TOILETプロジェクト」の一環として製作された。「怪物」は小学校で起きた体罰事件を三つの視点から描いた作品。明らかになっていく真相の中に、LGBTQなど性的少数者やいじめ、学校の閉鎖性などの今日的な題材を織り込んだ。
 
そのほかの主な授賞結果は以下の通り。
パルムドール「アナトミー・オブ・ア・フォール」(ジュスティーヌ・トリエ監督)▽グランプリ「ゾーン・オブ・インタレスト」(ジョナサン・グレイザー監督)▽審査員賞「枯葉」(アキ・カウリスマキ監督)▽監督賞 トラン・アン・ユン「ポトフ」▽女優賞 メルベ・ディズダル「干草」

関連記事

ライター
勝田友巳

勝田友巳

かつた・ともみ ひとシネマ編集長、毎日新聞学芸部専門記者。1965年生まれ。90年毎日新聞入社。学芸部で映画を担当し、毎日新聞で「シネマの週末」「映画のミカタ」、週刊エコノミストで「アートな時間」などを執筆。

新着記事