「ひとりぼっちじゃない」©2023「ひとりぼっちじゃない」製作委員会

「ひとりぼっちじゃない」©2023「ひとりぼっちじゃない」製作委員会

2022.12.23

2022年総決算 くる年編 洪相鉉

2022年も残りわずか。たくさんの作品が公開、配信されました。7月の上半期総決算に続いて、ひとシネマ執筆陣が1年を総まくり、「ゆく年」編は22年の10本を選出しました。返す刀の「くる年」編で、23年の期待作も紹介します。題して「ひとシネマ的ゆく年くる年」。年末年始の鑑賞ガイド、新年のカレンダーとしても、ご活用を。

洪相鉉

洪相鉉

「夢見びと」(KENJO監督、春公開)
「ひとりぼっちじゃない」(伊藤ちひろ監督、3月10日公開)
「遠いところ」(工藤将亮監督、夏公開)
 

期待しかない!

「くる年」のリストの3本は、「期待」という言葉がこれ以上似合うものはない。
 
世界の映画祭で絶賛され、東京フィルメックスで観客賞まで勝ち取った作品があれば、「母の国」日本でインディーズミュージカル映画デビューしたイギリス人監督がおり、文学と映像という二刀流を扱える全方位ストーリーテラーが待っている。

関連記事

ライター
洪相鉉

洪相鉉

ほん・さんひょん 韓国映画専門ウェブメディア「CoAR」運営委員。全州国際映画祭ㆍ富川国際ファンタスティック映画祭アドバイザー、高崎映画祭シニアプロデューサー。TBS主催DigCon6 Asia審査員。政治学と映像芸術学の修士学位を持ち、東京大留学。パリ経済学校と共同プロジェクトを行った清水研究室所属。「CoAR」で連載中の日本映画人インタビューは韓国トップクラスの人気を誇る。

新着記事