「MEMORIA/メモリア」Photo_Credit_Sandro KoppcKick the Machine Films, Burning, Anna Sanders Films, Match Factory Productions, ZDF-Arte and Piano, 2021

「MEMORIA/メモリア」Photo_Credit_Sandro KoppcKick the Machine Films, Burning, Anna Sanders Films, Match Factory Productions, ZDF-Arte and Piano, 2021

2022.12.21

2022年総決算 ゆく年編 髙橋佑弥

2022年も残りわずか。たくさんの作品が公開、配信されました。7月の上半期総決算に続いて、ひとシネマ執筆陣が1年を総まくり、「ゆく年」編は22年の10本を選出しました。返す刀の「くる年」編で、23年の期待作も紹介します。題して「ひとシネマ的ゆく年くる年」。年末年始の鑑賞ガイド、新年のカレンダーとしても、ご活用を。

髙橋佑弥

髙橋佑弥

「スティルウォーター」(トム・マッカーシー監督)
「ブラックボックス 音声分析捜査」(ヤン・ゴズラン監督)
「KAPPEI カッペイ」(平野隆監督)
「MEMORIA メモリア」(アピチャッポン・ウィーラセタクン監督)
「ZAPPA」(アレックス・ウィンター監督)
「リコリス・ピザ」(ポール・トーマス・アンダーソン監督)
「さかなのこ」(沖田修一監督)
「グリーン・ナイト」(デビッド・ロウリー監督)
「いつか、いつも……いつまでも。」(長崎俊一監督)
「左様なら今晩は」(高橋名月監督)
 

11月までの劇場初見作から

まず、きわめて個人的なこだわりにより、今年公開された新作のなかでも劇場初見作のみを対象としている(「自宅での鑑賞なんぞ見たことにはならぬ」という偏狭な考えには断じて同意できないが、同時に、体験としては確かに異なるものには思える)。
 
また、そのうえ往生際の悪い観客である私は、年末までの残された期間でより好みな作品に出会う可能性を諦めることができず、このさい12月公開作は――既に見ているものも――含めないことにした。落ち穂拾いもまたこれからなのであり、すなわち、あくまで暫定版ということになる。並びは鑑賞順である。

自ら設けた制約ゆえ漏れたが、劇場未公開作では「クライム・ゲーム」「KIMI サイバー・トラップ」「アポロ10号 1/2」「ジャッカスFOREVER」がよかった。

関連記事

ライター
髙橋佑弥

髙橋佑弥

たかはし・ゆうや 1997年生。映画文筆。「SFマガジン」「映画秘宝」(および「別冊映画秘宝」)「キネマ旬報」などに寄稿。ときどき映画本書評も。「ザ・シネマメンバーズ」webサイトにて「映画の思考徘徊」連載中。共著「『百合映画』完全ガイド」(星海社新書)。嫌いなものは逆張り。

新着記事