第76回毎日映画コンクール 録音賞 浦田和治「孤狼の血 LEVEL2」

第76回毎日映画コンクール 録音賞 浦田和治「孤狼の血 LEVEL2」

2022.3.04

録音賞 浦田和治「孤狼の血 LEVEL2」 聞こえて当たり前 最高点がゼロなんです

日本映画大賞に「ドライブ・マイ・カー」

男優主演賞 佐藤健「護られなかった者たちへ」
女優主演賞 尾野真千子「茜色に焼かれる」


第76回毎日映画コンクールの受賞作・受賞者が決まりました。2021年を代表する顔ぶれが並んでいます。受賞者インタビューを順次掲載。
1946年、日本映画復興を期して始まった映画賞。作品、俳優、スタッフ、ドキュメンタリー、アニメーションの各部門で、すぐれた作品と映画人を顕彰しています。

ひとしねま

ひとシネマ編集部

映画人がいちばんほしい賞


「映画人がいちばんほしい賞だと思うんです、毎日映コンは。活劇は賞を取らないと思っていたから、驚いた」。そう言って受賞を喜んだのは、録音賞の浦田和治だ。毎日映画コンクールは、技術部門にも賞を設けている数少ない映画賞だ。選考にはベテラン技師も加わって、作品の総合的な評価と専門的な知見を合わせながら討議する。
 
選考会では「セリフの音の調整が完璧だった」と評価された。それこそ狙ったところ。「セリフが聞こえて当たり前、聞こえない、ひずんでるといわれたらマイナス。録音の仕事は最高がゼロなんです」。0点を取って喜ぶのは、録音技師ぐらいのものだろう。
 
「きちっと細部までセリフが聞こえることで、客に伝わる度合いが違う。こういう映画は、一つのカットの中で、ウィスパーからガーンとくる怒鳴りまである。俳優さんも、テストと本番では声の出し方が違う。テストを見ながら、この俳優さんはここできっと怒鳴るよねと予想する。仕上げでどうにかなるものじゃない。現場の録(と)りから適正レベルでなければ」

 

音を意識しないで没入するのが一番

苦労したのは雨の中のアクション場面だった。俳優たちが動きながら、さまざまな調子と大きさの声でセリフを言い合う。しかも雨が地面をたたく音がセリフをかき消してしまう。アフレコで録り直す方法もあるが、本番の緊張感を再現するのは俳優にとっても負担が大きい。
 
「白石組の雨の降らし方は強烈なんですよ。でも、強くなく弱くなく、きれいな降らせ方をしてくれた。現場で録ったセリフの音をそのまま使えたんですよ」。雨を降らせるのは特機部の仕事。ここにもプロの腕がある。
 
セリフが自然に聞こえるということは、明瞭というだけではない。俳優の位置、動き、アップかロングか、同じセリフでも聞こえ方は変わる。音にも「遠近感」があり、そぐわないと映画への没入の妨げとなる。
 
「『孤狼の血』のようなアクションは、画面に合わせて音を振ります。でも、画面に音源がなくても、音をセンターにする場合もある。画(え)と編集で、音の構成も変わる。芝居に即してセリフが自然に聞こえて、お客さんが音を意識しないで入り込める。それが、一番いい音じゃないですか」
 


音は芝居の中にある

元々は京都の演劇青年だったが、モノにならずに上京し、知り合いに誘われて録音の手伝いをするようになる。柳町光男監督のドキュメンタリー「ゴッド・スピード・ユー!BLACK EMPEROR」(1976年)で、いきなり録音を任された。「手伝いのつもりで現場に行ったら、録音技師が来ない。録音機材なんか見たこともないのに、柳町が『マイクと録音機あれば、お前が録れるだろ』と」。そこから自主製作の現場に参加し、メジャー作品の助手に付いて仕事を覚え、技師となって経験と実績を重ねてきた。
 
毎日映コンで5度も録音賞を受賞した西崎英雄や、音響効果の本間明に付き「映画の作り方とか、音の構成の仕方、物の見方も教わった」という。「音が単独であるのではなく、芝居がいちばん大事。音の構成も含めて、芝居の中にあるんです」
 
後進を指導する立場にもなり、若い人たちには「シェークスピア、近松門左衛門、ギリシャ悲劇」を勧めるという。「いまだに上演され続けるには理由がある。きっと役に立つ」。人間の心の機微を知らなければ、いい音は録れないのだ。
 

孤狼の血LEVEL2

尾谷組と広島仁正界の抗争が沈静化して3年。呉原東署の刑事日岡は裏社会とも通じながら広島の治安を保っていた。しかし広島仁正会傘下、五十子会の上林が刑務所から出所し、五十子会会長を殺害した尾谷組への報復を開始。激しい抗争が再燃する。2018年の「孤狼の血」の続編。

ライター
ひとしねま

ひとシネマ編集部

ひとシネマ編集部

カメラマン
ひとしねま

内藤絵美

ないとう・えみ 毎日新聞写真部カメラマン

新着記事