(写真、クレジット両方とも左上から時計回り)「ラ・ラ・ランド」「L.A.ギャングストーリー」「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」「アメイジング・スパイダーマン」 © 2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserve ©2013 Village Roadshow Films (BVI) Limited. All Rights Reserved. ©2024 20th Century Studios. All Rights Reserved. © 2012 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved. | MARVEL and all related character names: © & ™ 2021 MARVEL.

(写真、クレジット両方とも左上から時計回り)「ラ・ラ・ランド」「L.A.ギャングストーリー」「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」「アメイジング・スパイダーマン」 © 2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserve ©2013 Village Roadshow Films (BVI) Limited. All Rights Reserved. ©2024 20th Century Studios. All Rights Reserved. © 2012 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved. | MARVEL and all related character names: © & ™ 2021 MARVEL.

2024.1.20

ディズニーヴィランから改造人間、薬物依存者まで——。オスカー俳優エマ・ストーンのキャリア10年史

新作「哀れなるものたち」で2度目のアカデミー賞主演女優賞の期待も高まるエマ・ストーン。公開に合わせ、硬軟のバランスが取れたキャリアと魅力、オススメ作品を紹介します。

SYO

SYO

日本でも現象化したミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」(2016年)でアカデミー賞主演女優賞を獲得し、頂へと上り詰めたエマ・ストーン。受賞後も勢いは止まらず、最新主演映画「哀れなるものたち」で見せた圧巻のパフォーマンスで24年の米ゴールデングローブ賞主演女優賞(ミュージカル・コメディー部門。第81回)に輝き、アカデミー賞(第96回)での主演女優賞ノミネートも確実視されている(ノミネート発表は日本時間の1月23日)。本稿では、そこに至るまでの彼女の十余年をざっと振り返りたい。
 

「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」より © 2011 Dreamworks ⅡDistribution Co., LLC. All Rights reserved.

「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」で役者としてステップアップ

 ラブコメ作品を中心にキュートな魅力を振りまいていたエマに一つの兆しが訪れたのは、恐らく「ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜」(11年)だろう。黒人家政婦に対する白人たちの差別や偏見を描いた本作で、状況を改善しようと奔走する主人公を好演し、作品賞を含む第84回アカデミー賞ノミネートに貢献(オクタビア・スペンサーが助演女優賞を受賞)。
 
翌12年には「アメイジング・スパイダーマン」のヒロイン役を射止め、才色兼備なグウェン役で世界的に知られる存在に。「ゾンビランド」(09年)のルーベン・フライシャー監督と再び組み、「ラブ・アゲイン」(11年)のライアン・ゴズリングと再共演したギャング映画「L.A. ギャング ストーリー」(13年)を挟み(痛快な娯楽作なのでご興味ある方はぜひ)、14年には「アメイジング・スパイダーマン2」「マジック・イン・ムーンライト」「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」が全米公開。
 
これは以降のエマの特徴でもあるが、彼女は決して自分を「奇麗」に見せようとしていない。アメスパでイメージが確立されそうなタイミングで「バードマン」で薬物依存症の娘を熱演。目にはクマができ髪はボサボサ、建物の階下に唾を吐くような人物にふんして各方面から絶賛され、アカデミー賞助演女優賞ほか多数の映画賞にノミネートを果たした。
 

(上)「クルエラ」より © 2024 Disney
(下)「女王陛下のお気に入り」より © 2024 20th Century Studios. All Rights Reserved.

「ラ・ラ・ランド」後は、ディズニーヴィランや作家性の強い作品でインパクトを残す

 以降、賞レースの常連となった彼女は、女優として輝きたいともがく主人公を切なく演じた「ラ・ラ・ランド」後も実在のテニス選手にふんした「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」(17年)での清濁併せのむ芝居でゴールデングローブ賞主演女優賞(ミュージカル・コメディー部門)、笑ってしまうほどドロドロなエッジの利いた宮廷劇「女王陛下のお気に入り」(18年)でアカデミー賞助演女優賞にノミネート。
 
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥやヨルゴス・ランティモスといった名匠たちによる作家性の強い映画に続々と出演し、インパクトを残し続けている。
 
自分自身を奇麗に見せようとしない心意気に呼応するのが、彼女が演じるキャラクターの〝生命力〟ではないか。これは「ゾンビランド」から「哀れなるものたち」まで一貫しているが、エマが命を吹き込んだ人物たちは、逆境にさらされて地べたをはいずり回ったり泥水をすするような思いをしたりしてもはねのけてしまうほどのメンタルの強さがあり、生への執着やハングリー精神にあふれている。
 
ディズニーヴィランに挑戦した「クルエラ」(21年)では「101匹わんちゃん」の悪役であるクルエラを演じたが、利己的なヒールかと思いきや実は宿命にあらがい続けるアンチヒーローであり、エマ自身の特性も相まって実に魅力的なキャラクターを構築していた。
 

「哀れなるものたち」より © 2024 20th Century Studios. All Rights Reserved.

最新作「哀れなるものたち」では特異なキャラクターを見事に演じ切る

 ランティモス監督との再タッグ作「哀れなるものたち」では、マッドサイエンティストによって生まれ変わった女性を演じているが、実はこの主人公――身体は大人、中身は幼児という特異なキャラクター(母親の身体に胎児だった娘の脳を移植して復活)。中身がどんどん成長していき、文字通り実が伴っていく過程を見事に演じ切っている。
 
第80回ベネチア国際映画祭で最高賞の金獅子賞に輝いた本作は崇高な一作であることに間違いはないが、決してお上品な映画ではない。日本ではR18+指定となった過激な作品であり、セックスシーンも大量に盛り込まれている。しかしある種ぶっ飛んだ描写の数々はすべて、「男性や社会のルールに支配される女性が自立していくこと」を描くために不可欠なピースであり、まさにエマがやらずに誰がやる?な人物といえるだろう。
 

エマ・ストーンがプロデューサーとして名を連ねるジェシー・アイゼンバーグ監督作「僕らの世界が交わるまで」より
© 2022 SAVING THE WORLD LLC. All Rights Reserved.

演技だけでなくプロデューサーとしても活躍。この先の活動も楽しみ

 付随して注目したいのが、プロデューサーとしての活躍。「クルエラ」「哀れなるものたち」ではエグゼクティブプロデューサーやプロデューサーも兼任し、「マニアック」や「The Curse(原題)」といったドラマもプロデュース。自身の出演作以外にも、盟友ジェシー・アイゼンバーグの監督作「僕らの世界が交わるまで」(23年)「A Real Pain(原題)」や「Problemista(原題)」にプロデューサーとして名を連ねている。
 
ちなみに「The Curse」「僕らの世界が交わるまで」「Problemista」は「ムーンライト」や「エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス」を手掛けた映画会社A24の作品。映画文化を次世代に継承していくうえでも重要な存在といえる同社と硬軟問わずに濃い作品に出演を続けるエマがコラボレーションしているのは実に喜ばしい。
 
現状アナウンスされているエマ・ストーンの待機作は「クルエラ」の続編とヨルゴス・ランティモス監督との最新コラボレーション作「Kinds of Kindness(原題)」。この先も彼女の信念は変わらず、より一層パワフルなパフォーマンスを見せてくれそうだ。
 
<画像使用作品一覧>

「ラ・ラ・ランド」
デジタル配信中
4K ULTRA HD:8580円(税込み)
Blu-ray:2750円(税込み)
DVD:1980円(税込み)
発売元:ギャガ/販売元:ポニーキャニオン
※2024年1月現在の情報です。
© 2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
 

「L.A. ギャング ストーリー」
Blu-ray:2619円(税込み)
DVD:1572円(税込み)
発売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
※2024年1月現在の情報です。
©2013 Village Roadshow Films (BVI) Limited. All Rights Reserved.
 

「アメイジング・スパイダーマン」
Blu-ray:2619円(税込み)
DVD:1551円(税込み)
発売・販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
※2024年1月現在の情報です。
© 2012 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved. | MARVEL and all related character names: © & ™ 2021 MARVEL.
 

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
ディズニープラスのスターで配信中
※2024年1月現在の情報です。
©2024 20th Century Studios. All Rights Reserved.
 

「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」
ディズニープラスのスターで配信中
※2024年1月現在の情報です。
© 2011 Dreamworks ⅡDistribution Co., LLC. All Rights reserved.
 

「クルエラ」
ディズニープラスで配信中
※2024年1月現在の情報です。
© 2024 Disney
 

「女王陛下のお気に入り」
ディズニープラスのスターで配信中
※2024年1月現在の情報です。
© 2024 20th Century Studios. All Rights Reserved.
 

「哀れなるものたち」
1月26日(金)から全国公開
 

「僕らの世界が交わるまで」
全国公開中
© 2022 SAVING THE WORLD LLC. All Rights Reserved.

関連記事

ライター
SYO

SYO

1987年福井県生まれ。東京学芸大学にて映像・演劇表現を学んだのち、映画雑誌の編集プロダクション、映画WEBメディアでの勤務を経て2020年に独立。 映画・アニメ、ドラマを中心に、小説や漫画、音楽などエンタメ系全般のインタビュー、レビュー、コラム等を各メディアにて執筆。トークイベント、映画情報番組への出演も行う。

新着記事