第78回毎日映コン表彰式 TSUTAYA DISCAS映画ファン賞を受賞した「劇場版 美しい彼 eternal」の八木勇征=前田梨里子撮影

第78回毎日映コン表彰式 TSUTAYA DISCAS映画ファン賞を受賞した「劇場版 美しい彼 eternal」の八木勇征=前田梨里子撮影

2024.2.14

八木勇征「萩原利久の気持ちも背負っています。幸せです」 毎日映コン表彰式

毎日映画コンクールは、1年間の優れた作品と活躍した映画人を広く顕彰する映画賞です。終戦間もなく始まり、映画界を応援し続けています。

ひとしねま

ひとシネマ編集部

第78回毎日映画コンクール表彰式は14日、東京都目黒区のめぐろパーシモンホールで行われた。2023年を代表する受賞者に加え、スタッフや共演者も祝福に駆けつけ、華やかなステージとなった。

毎日デジタル動画ニュース 23年の日本映画代表する顔ぶれ、一堂に 毎日映画コンクール表彰式

行政に変化を

ドキュメンタリー映画賞の「『生きる』大川小学校 津波裁判を闘った人たち」は、東日本大震災で犠牲となった小学生らの遺族が起こした裁判を追った。寺田和弘監督は原告の2人と登壇し、「受賞は原告遺族の活動に共感してくれたから。真相究明は1ミリも進まず、行政に変化をもたらすことを期待している」と訴えた。

アニメーション映画賞の「アリスとテレスのまぼろし工場」の岡田麿里監督は「アニメへのあこがれを詰め込んだ作品。製作中の葛藤や情熱や迷いが画面に表れていると思います」とあいさつした。
 

高畑勲が悔しがっていた

大藤信郎賞の「君たちはどう生きるか」の鈴木敏夫プロデューサーは、自身も特別賞を受賞。「伝統ある大藤賞で、高畑勲が取れずに悔しがっていた。特別賞はジブリを作ってくれた徳間書店の徳間康快社長も受賞していてうれしい」と喜んだ。
 
TSUTAYA DISCAS映画ファン賞は「劇場版 美しい彼 eternal」。主演の一人、八木勇征がトロフィーを受け取り「チームの代表として受け取った。監督、原作者、スタッフ、共演の萩原利久の気持ちを背負って登壇しています。幸せな気持ちです」。

関連記事

ライター
ひとしねま

ひとシネマ編集部

ひとシネマ編集部

カメラマン
ひとしねま

前田梨里子

毎日新聞写真部カメラマン

この記事の写真を見る

  • 第78回毎日映コンの受賞者たち
  • 78回毎日映コン・ドキュメンタリー映画賞を受賞し、表彰式で壇上に立つ寺田和弘監督(左端)と大川小学校津波裁判の原告ら
  • 第78回毎日映コン表彰式でアニメーション映画賞を受賞してあいさつする「アリスとテレスのまぼろし工場」の岡田麿里監督
  • 第78回毎日映コンで大藤信郎賞、特別賞を受賞した鈴木敏夫
さらに写真を見る(合計4枚)

新着記事