長崎追想~父・井上ひさしへの旅~より

長崎追想~父・井上ひさしへの旅~より

2022.12.31

平和への祈り 「長崎追想~父・井上ひさしへの旅~」公開にあたって

公開映画情報を中心に、映画評、トピックスやキャンペーン、試写会情報などを紹介します。

ひとしねま

井上麻矢

あけましておめでとうございます。
旧年の2022年は「破壊と再生の年」と言われていましたが、明けたばかりの今年23年は一体どんな年になるのでしょうか。
 

演劇を通して平和活動をする劇団

私事で言えば、こまつ座という劇団を任されて14年目を迎えました。先代の劇団代表であった父・井上ひさしから引き継いですぐに父は他界、その後、東日本大震災、コロナ禍での演劇制作を続けていますが、辛(つら)い事の方がずっと多かったと記憶しています。
 
そんな日々を救ってくれたのが、初日です。それぞれの作品のお披露目にもあたる初日は特別な日でこれまでのマイナスの出来事もすべてプラスに変化していく…・・・幸せな瞬間です。

 演劇を通して平和活動をする劇団であり続けるというこまつ座の理念は、ずっと変わらない姿勢です。今年劇団発足から40年を迎えます。
 

命の三部作

こまつ座には様々な三部作がありますが、その中で‘‘命の三部作’’という演目レパートリーがあります。
 
三部作の一作目「父と暮せば」はこまつ座のライフワークとして上演回数を重ねている作品。原爆投下から三年後のヒロシマを舞台に、死んだはずの父親が恋の応援団長として生き残った娘のところにやってくる、奇跡のような三日間を描いています。
 
二作目にあたる「木の上の軍隊」は井上ひさしの死後、作家の遺(のこ)した種(アイデア)からスタートした沖縄のお話でした。ただ、しかしこの作品には明確な土地は示されていません。敵国からも自国からも追い詰められた沖縄戦の最中に、ガジュマルの木に逃げ込んだ二人の兵士の実話から出来た作品。人と人が理解し合うことの難しさ、尊い犠牲を払っても止めることのできなかった戦争、戦後の沖縄の姿。ヒロシマ、そしてオキナワ、ナガサキを描きたかった井上ひさしの思いを引き継いで作られたこの作品は日本だけでなく、世界中で上演を切望されています。
 
「母と暮せば」はその三作目。「父と暮せば」の対になるようにという井上ひさしの言葉を受けて作られた作品の舞台は原爆投下から三年後のナガサキです。
死んだはずの息子が、母親のもとに現れて母親に命をつなぐ仕事を続けて欲しいと登場します。生きる術(すべ)を失った母親は、その息子の言葉から、葛藤を経て死から生へ目を向けていく物語です。
 
大切な人を失ったすべての人へ、そして大切な人を守りたいすべての人へを紡ぐ物語となりました。
いずれも再生の香りがする三部作、私たちの大切な宝物のような作品群です。
 

声なき声に代わって舞台という場所で

ウクライナ侵攻から勃発した対ロシアとの戦争は、戦争なんて過去の事と信じたかった私たちに大きな衝撃を与えました。今時そんなことがある訳がないと誰しもがそう思ったと思います。じわじわと戦いの影響が様々な形で私たちの普通の生活にも影響を及ぼし始めています。今現在に於(お)いて唯一の被爆国である日本、そして犠牲になったすべての御霊様たちの声なき声に代わって舞台という場所にその人たちの声を届けたいと思っています。
今はその声を聞く事はできませんが、今こそ、その声を聞く事が重要です。
 

父が遺した私への宿題

「母と暮せば」のanother storyともいえる映画が出来上がりました。
「長崎追想」という映画です。
「母と暮せば」を作るにあたり、どんな人に会ってきたのか、何を形にしたらいいのか。人知れず幾度となく通った長崎で出会った人たちとの交流、そして井上ひさしが遺した私への宿題を果たすべく旅に出たそのままの姿を撮って頂いたドキュメンタリー映画です。
 
破壊と再生のあと、世の中は整い、一人一人の生活が整い、その上に国が整う。
 

バタフライ効果を信じて

水惑星である私たちの地球が整うことを意識した一年となりますように。
そんな小さな気持ちの持ちようの中にこそ、本当の平和があるように思えてなりません。
私はいつだってバタフライ効果を信じています。一人一人の小さな変化がいつか大きな平和への思いに繫(つな)がっていくことを。
 
「長崎追想~父・井上ひさしへの旅~」2023年1月2日/3日/5日/6日13:00/15:30東京・恵比寿・東京都写真美術館にて上映。

「長崎追想~父・井上ひさしへの旅~」

「こまつ座」代表、井上麻矢。父・井上ひさしの死後、飾らない温かな人柄で劇団を切り盛りし、父の作品を愛する人で、今も劇場は大盛況。井上ひさしの人気を麻矢さんはしっかりと守っている。
その麻矢さんにとって新年の2023年は、舞台ではなく、映画で年が明ける。
都内で公開されるドキュメンタリー映画「長崎追想~父・井上ひさしへの旅~」。
作品は麻矢さんが主役。父、ひさしは長崎で被爆死した若者と母との交流を描いた「母と暮せば」を構想したが、実現する前に病没。しかし、山田洋次監督が映画化し、吉永小百合、二宮和也の主演で製作され、後に舞台にもなった。
21年8月、長崎でも初の舞台公演が予定されたが、コロナ感染の影響で中止。そこで、この映画「長崎追想」では麻矢さんが再び長崎を訪問。自らも参画した映画「母と暮せば」の思い出の地をたどり、さらに知られざる長崎の実像にもふれていく。1948年に出版されベストセラーになった「この子を残して」の作者、永井隆の孫、元原爆資料館長の芥川賞作家、信者、神父が全滅した浦上天主堂の大司教と出会い、さらに父と全く同年齢の被爆女性から話を聴き、衝撃的な人生を目の当たりにしていく・・・・・・。
こまつ座40周年の23年。麻矢さんは新たに映画にも出演して父の世界をますます広げ、残そうとしている。

公開:2023年1月2日

製作年 : 2023

出演 :

    ライター
    ひとしねま

    井上麻矢

    劇団 「こまつ座」 代表取締役社長、公益社団法人日本劇団協議会理事、日本ららばい協会理事、尚美学園大学 芸術情報学部講師。

    こまつ座は、井上ひさしに関係する作品のみを上演する劇団として、近年では2012年に第37回 菊田一夫演劇賞特別賞、第47回紀伊國屋演劇賞団体賞、フランコ・エンリケツ賞、16年に 「マンザナ、わが町」にて第23回読売演劇大賞優秀作品賞、17年に「きらめく星座」の成果に より平成29年度(第72回)文化庁芸術祭演劇部門大賞(関東参加公演の部)、20年に第5回 澄和 Futurist 賞などを受賞。 

    新着記事