「夜を越える旅」©αPRODUCE KAYANOFILM

「夜を越える旅」©αPRODUCE KAYANOFILM

2022.10.21

シネマの週末・特選掘り出し!:「夜を越える旅」 若い力、鮮やかな展開

毎週公開される新作映画、どれを見るべきか? 見ざるべきか? 毎日新聞に執筆する記者、ライターが一刀両断。褒めてばかりではありません。時には愛あるダメ出しも。複数の筆者が、それぞれの視点から鋭く評します。筆者は、勝田友巳(勝)、高橋諭治(諭)、細谷美香(細)、鈴木隆(鈴)、山口久美子(久)、倉田陶子(倉)、渡辺浩(渡)、木村光則(光)。

あらかじめ言い訳しておくと、この評、奥歯に物の挟まったような書きぶりになる。というのも極力ネタばれを避けたいから。新人監督による低予算の小品だがひねりが利いてなかなかの見応えだ。

大学を卒業しても漫画家の夢を諦められない春利(高橋佳成)は、ゼミ仲間と1泊旅行に出かけた。学生時代に付き合っていた小夜(中村祐美子)との思い出に浸っていると、小夜が遅れて現れる。2人で再会を喜ぶうちに、昔の感情がよみがえってきて……。

と、この辺まではモラトリアム男のさえないラブストーリーだが、映画はある瞬間に突然転調する。まずはその手際が鮮やかで、仕掛けを知って見ていたのに、思わず声を上げてしまったほど。

大きくシフトチェンジしてからは、次々と展開するイメージがまた見事。東西の先行作品を参照して画面の雰囲気を二転三転させ、シリアスな物語に時に笑いまで織り交ぜて進めてゆく。異なるジャンルを融合させた落ちもなかなか。スターも出ないし予算の少なさがほころびとなるものの、アイデア頼みで大健闘。製作にもう少し余裕を持たせて、次の作品を。萱野孝幸監督。1時間21分。東京・新宿武蔵野館、大阪・シネ・リーブル梅田ほか。(勝)

夜を越える旅

漫画家志望の春利は、大学を卒業しても夢を諦めきれず、同棲中の恋人の半ばヒモ状態。そんな後ろめたさから逃げ出すように、学生時代の友人たちと1泊2日の旅行に出かけるのだが、その最中、応募していた漫画賞の結果が落選だったことを知り自暴自棄になってしまう。そこへ、かつて思いを寄せていた小夜が遅れて合流してくるのだが、春利の微かな高揚感と淡い下心とは裏腹に、事態は思いも寄らない阿鼻叫喚の地獄へと転がり始めてゆく……。

©αPRODUCE KAYANOFILM