「ヘルドッグス」©2022「ヘルドッグス」製作委員会

「ヘルドッグス」©2022「ヘルドッグス」製作委員会

2022.9.16

ヘルドッグス

毎週公開される新作映画、どれを見るべきか? 見ざるべきか? 毎日新聞に執筆する記者、ライターが一刀両断。褒めてばかりではありません。時には愛あるダメ出しも。複数の筆者が、それぞれの視点から鋭く評します。筆者は、勝田友巳(勝)、高橋諭治(諭)、細谷美香(細)、鈴木隆(鈴)、山口久美子(久)、倉田陶子(倉)、渡辺浩(渡)、木村光則(光)。

原田眞人監督が「関ケ原」「燃えよ剣」に続いて岡田准一と組んだ犯罪アクション。深町秋生の「ヘルドッグス 地獄の犬たち」が原作。殺人を防げず責任を感じ、被害者に代わって犯人に復讐(ふくしゅう)した元警官出月(岡田)が捕らえられ、潜入捜査官として暴力団に送り込まれる。兼高と名前を変えて暗殺部隊でのし上がり、トップに接近する。

見どころは岡田が振り付けも担当したという、数々のアクション場面。相棒役の坂口健太郎と共に、動きが実戦的でクール。シネフィルの原田監督らしく古今のアクション映画を参照しつつ、速い、キレがいい。かつ重さと質感も忘れず曲芸的見せ物にとどまらない。潜入捜査官ものの定番「バレるかも」危機と「ミイラ取りがミイラ」展開も存分に織り交ぜる。

異質なのは兼高の、身内に示す人間味と、スポーツ感覚で敵を殺す非情さのギャップ。徹底したプロ意識なのか怪物的本性なのか、不気味な影が濃い。好き嫌いが分かれそう。2時間18分。東京・丸の内TOEI、大阪・梅田ブルク7ほか。(勝)

異論あり

俳優陣のアクの強いなりきりぶり、全場面が入念に設計された画作りとアクションなど、ノワールな映画濃度はかなり高い。その半面、主人公が復讐する動機の弱さ、潜入捜査の目的の曖昧さがスリルをそいでいる。登場人物の相関関係の複雑さ、セリフの聞き取りづらさも難点。(諭)

ヘルドッグス

深町秋生の小説『ヘルドッグス 地獄の犬たち』を基にしたクライムエンタテインメントを、名優・岡田准一×名匠・原田眞人監督による3度目のタッグで描く。
兼高昭吾(岡田准一)は警察官時代に、愛する人が殺されてしまう事件を止めることができず復讐に生きていた。彼はその獰猛さゆえ警察に目をつけられ、関東最大のヤクザ組織へ潜入させられることに。任務は、組織の若きトップ・十朱(MIYAVI)が持つ“秘密ファイル”の奪取。バディとなる死刑囚の息子・室岡(坂口健太郎)とともに、組織を上り詰めていくその先には、誰も予想できない結末が待っていた。

新着記事