「星くずの片隅で」 ©mm2 Studios Hong Kong.jpg

「星くずの片隅で」 ©mm2 Studios Hong Kong.jpg

2023.7.14

特選掘り出し!:「星くずの片隅で」 香港人の強い意志と希望

毎週公開される新作映画、どれを見るべきか? 見ざるべきか? 毎日新聞に執筆する記者、ライターが一刀両断。褒めてばかりではありません。時には愛あるダメ出しも。複数の筆者が、それぞれの視点から鋭く評します。筆者は、勝田友巳(勝)、高橋諭治(諭)、細谷美香(細)、鈴木隆(鈴)、山口久美子(久)、倉田陶子(倉)、渡辺浩(渡)、木村光則(光)、屋代尚則(屋)、坂本高志(坂)。

新世代の香港映画の旗手で「少年たちの時代革命」(レックス・レンと共同監督)のラム・サム監督作品。コロナ禍を舞台にどこまでも優しいまなざしで、現代の〝香港アイデンティティー〟を切り取った秀作。

2020年の香港。ザク(ルイス・チョン)は店舗や住宅の清掃をする個人会社を経営しているが、洗剤の品不足などに頭を悩ませていた。ある日、ザクのもとにシングルマザーのキャンディ(アンジェラ・ユン)が求職に来る。働き始めたキャンディは、幼い娘のために客の家からマスクを盗み、顧客を失う。

コロナ禍による閉店、営業中止で街全体に活気はない。深夜や明け方の清掃の仕事には静かさが漂う。ただ、ザクやキャンディの姿が映るとそこに明かりがともったように温かみが広がる。国家安全維持法や格差拡大などで社会が変わっても、香港で助け合って生きていくという強い意志と希望が匂い立つ。貧しくとも自立しようとするキュートなキャンディを香港トップモデルのアンジェラが好演。ザクとの距離感がいい。2人はトラブルで職を失い貧しさに直面しても、香港人が持つ息吹、諦めない心を体現していく。自分に実直であろうとする姿が胸を打つ。1時間55分。東京・TOHOシネマズシャンテ、大阪・シネ・リーブル梅田(8月18日から)ほか。(鈴)

関連記事

新着記事