総理の夫 ⓒ2021「総理の夫」製作委員会

総理の夫 ⓒ2021「総理の夫」製作委員会

2021.9.23

総理の夫

毎週公開される新作映画、どれを見るべきか? 見ざるべきか? 毎日新聞に執筆する記者、ライターが一刀両断。褒めてばかりではありません。時には愛あるダメ出しも。複数の筆者が、それぞれの視点から鋭く評します。筆者は、勝田友巳(勝)、高橋諭治(諭)、細谷美香(細)、鈴木隆(鈴)、山口久美子(久)、倉田陶子(倉)、渡辺浩(渡)、木村光則(光)。

鳥類研究所に勤める相馬日和(田中圭)は最愛の妻、凛子(中谷美紀)が日本初の女性総理に就任したことで突然、ファーストジェントルマンに担ぎ上げられる。広報官(貫地谷しほり)に日々の行動を管理され、多忙な妻とのすれ違いに疲弊する日和。政界のドン(岸部一徳)の裏切りで凛子は衆議院を解散し選挙戦が始まるが、夫婦にとって重大な出来事が巻き起こる。

原田マハの小説が原作。ボンボン育ちで無邪気、ちょっと頼りない年下夫を演じる田中のかわいさとコメディーセンスが光る。中谷はキリッとして頼りがいのある総理を好演。正反対に見える2人だが、凛子の政治家としてのキャリアを揺るがしかねない事態を支え合いながら乗り越えていく夫婦愛に泣かされる。

記者会見や遊説で凛子が国民に語りかける言葉からは、政治家としての信念が伝わる。現実の政治への絶望感さえ漂う日本。総選挙を控え、自分は政治に何を求めるか考えるきっかけにもなりそう。河合勇人監督。2時間1分。東京・丸の内TOEI、大阪・梅田ブルク7。(倉)

異論あり

ひょっとしたら女性総理が実現するかもしれない、これ以上ないタイミングでの公開。しかし映画は気楽なコメディーで、政治風刺などを求めると肩すかし。政界の駆け引きとか「ファーストジェントルマン」の日常とか、しっかり作り込んでいれば上質の内幕ものになったのに。(勝)

新着記事