「終末の探偵」©2022「終末の探偵」製作委員会

「終末の探偵」©2022「終末の探偵」製作委員会

2022.12.16

「終末の探偵」

毎週公開される新作映画、どれを見るべきか? 見ざるべきか? 毎日新聞に執筆する記者、ライターが一刀両断。褒めてばかりではありません。時には愛あるダメ出しも。複数の筆者が、それぞれの視点から鋭く評します。筆者は、勝田友巳(勝)、高橋諭治(諭)、細谷美香(細)、鈴木隆(鈴)、山口久美子(久)、倉田陶子(倉)、渡辺浩(渡)、木村光則(光)、屋代尚則(屋)、坂本高志(坂)。

とある繁華街を根城とする私立探偵の連城新次郎(北村有起哉)は、ギャンブル好きで酒浸り。落ち目のヤクザ阿見恭一(松角洋平)から、借金のカタに事務所放火事件の犯人捜しを依頼される。同じ頃、失踪したクルド人難民少女の捜索も引き受けた。新次郎は、中国系マフィアとヤクザの争いに巻き込まれていく。

だらしないが情に厚く、ここぞという時に正義感を発揮する一匹オオカミ。典型的アウトロー探偵に、北村のたたずまいがピッタリ。裏社会の勢力争いとか乱暴者相手の立ち回りとか、このジャンルの要素をよく押さえている。

その枠組みに、社会問題を盛り込んだ。非人間的な入管制度、弱者差別と排斥、暴対法で追い込まれるヤクザ。社会からはじき出された人たちを忘れるなと骨太に主張する。心意気は良かったが、物語とうまくかみ合わなかったのが惜しい。それでもこのキャラクターは捨てがたく、続編を期待。井川広太郎監督。1時間20分。東京・シネマート新宿。2023年1月6日から大阪・シネ・リーブル梅田など順次全国でも。(勝)

ここに注目

題名の〝終末〟は何を指すのか。世知辛い現代社会か、それとも絶滅危惧種のような主人公か。いずれにせよ本作の魅力は探偵の人物像にある。グチをこぼしながらトラブルに首を突っ込み、気がつけば包帯ぐるぐる巻きの傷だらけ。軽やかな泥臭さをまとった北村がはまり役だ。(諭)

関連記事

新着記事