TOCKA[タスカー]

TOCKA[タスカー]

TOCKA(タスカー)とは、ロシア語で憂鬱、憂愁、絶望などを意味し、その反意として、郷愁、憧れ、未だ見ぬものへの魂の探求などと解釈される言葉。本作は、死を決意した男が、自死ではなく、自分を殺してくれる人を探す彷徨の旅を描く人間ドラマ。
監督は、「YUMENO ユメノ」(2005年)以来、17年ぶりの長編映画になる鎌田義孝。出演は、「深夜食堂」シリーズや「はい、泳げません」(2022年)に出演し、鎌田作品では短編「水辺の男と女」(2021年)に続く2作目となる金子清文。共演は、鎌田作品「YUMENO ユメノ」主演で本格女優デビューし、「夕方のおともだち」や「ワタシの中の彼女」(共に2022年)など、出演作が続く菜葉菜と、NHK連続ドラマ小説「舞い上がれ!」レギュラー出演など、モデルから演劇に活動の幅を広げる佐野弘樹のほか、松浦祐也、川瀬陽太、足立正生など。

国境の町、根室でロシア人相手の中古電器店を営む谷川章二(金子清文)は、理由があり、自死でなく、〝殺されたい〟と願っていた。シンガーの夢破れ、生きる意味を失っていた本多早紀(菜葉菜)と、廃品回収業の傍ら盗んだ灯油を売って生計を立てていた大久保幸人(佐野弘樹)の二人は、章二の事情を知り、その願いを叶えようと計画するが。

公開:2023年2月18日
配給:鎌田フィルム
©️2022 KAMADA FILM

新着記事