狼 ラストスタントマン

狼 ラストスタントマン

アクション映画を裏で支えるスタントマンの存在にスポットを当てた本作。主人公・星アキラを演じるのは、ドラマ「ウルトラギャラクシー大怪獣バトル」シリーズ(07)で主演を務めた南翔太。アキラの復讐相手・大久保豪役はタカハシレーシングでスタントマンとしてのキャリアをスタートさせ、数々のスタントシーンを演じてきた髙橋昌志が本作で俳優デビュー。

星アキラ(南翔太)は、早くに父を亡くして母親とアメリカへ渡ってモトクロスのプロレーサーになるが、母の死をきっかけに帰国する。その理由は、父の事故死の原因となった元スタントマン、大久保豪(髙橋昌志)への復讐の為。叔母の夏目瞳(池上季実子)から「殺さないと約束するなら」と居場所を聞き出し、「俺もスタントマンになってケリをつける」と啖呵を切るが、豪は何も語らず、日本を代表する存在だった頃の面影はなかった。アキラは元スタントマンの藤堂仁(石黒賢)の下でトレーニングを始めるが、得意だったバイクも上手く操れない。藤堂から「事故なく早く走るのがレースだが、カースタントは派手
にクラッシュを起こす。生きるか死ぬか。スリルの芸術だ」と諭されて練習を重ねていく―。ある日、車を回転させながら空中へと飛ばして海にダイブする仕事の依頼がアキラに舞い込む。それは、父が事故死したスタントだった。

公開:2022年12月23日
配給:武蔵野エンタテインメント株式会社
©2022「狼 ラストスタントマン」製作委員会

新着記事