ワタシの中の彼女

ワタシの中の彼女

2020年に短編映画として発表した『4人のあいだで』が大阪アジアン映画祭でJapan Cuts Awardを受賞し、ニューヨークのJapan Cuts映画祭など数々の国内外の映画祭で話題に、それをきっかけに短編映画4編からなるオムニバス映画として誕生。第1話「4人のあいだで」で、人生の選択について見つめ直す40代の主婦、第2話「ワタシを見ている誰か」では、リモートワークの孤独をフードデリバリーで癒やそうとする30代の独身OL、第3話「ゴーストさん」は、女優を目指していたが、行き先を見失った20代の風俗産業従事者、第4話「だましてください、やさしいことばで」では、盲目になり、見えていた頃の記憶をたどる40代の実家暮らしの女という、コロナ禍を生きる世代も生き方もちがう女たちの孤独と希望を1人の女優、菜葉菜が演じる。

©️T-Artist

新着記事