月の寵児たち

月の寵児たち

旧ソビエト連邦グルジア共和国(現ジョージア)のトビリシに生まれ、新天地パリでカンヌ、べネチア、ベルリンなど世界各国の映画祭で数々の賞を受賞したオタール・イオセリアーニ監督。パリに拠点を移してからの初長編作品。1984年、べネチア国際映画祭審査員特別大賞受賞。

18世紀末の絵皿と貴婦人の裸体画をめぐる物語。パリの女画廊主と愛人の技師、銃砲店主、美容師、警視、空き巣の父子、過激派の音楽教師、娼婦、暗殺者のアラブ人、ホームレスなどが重層的に描かれる、とぼけた味わいの群像劇。

オタール・イオセリアーニ監督の足跡をたどる特集上映「オタール・イオセリアーニ映画祭~ジョージア、そしてパリ~」(2023年2月17日〜)にて日本劇場初公開。

公開:2023年2月17日
配給:ビターズ・エンド

新着記事