第76回毎日映画コンクール男優主演賞 佐藤健

第76回毎日映画コンクール男優主演賞 佐藤健

2022.2.14

男優主演賞 佐藤健「護られなかった者たちへ」 クールな中に真摯さにじませ 演技では負けない

日本映画大賞に「ドライブ・マイ・カー」

男優主演賞 佐藤健「護られなかった者たちへ」
女優主演賞 尾野真千子「茜色に焼かれる」


第76回毎日映画コンクールの受賞作・受賞者が決まりました。2021年を代表する顔ぶれが並んでいます。受賞者インタビューを順次掲載。
1946年、日本映画復興を期して始まった映画賞。作品、俳優、スタッフ、ドキュメンタリー、アニメーションの各部門で、すぐれた作品と映画人を顕彰しています。

勝田友巳

勝田友巳

「受賞は作品 俳優の力はちっぽけ」

「護られなかった者たちへ」(瀬々敬久監督)で、激しい思いを秘めた主人公を演じ、高く評価された。「仮面ライダー電王」で注目されてから15年。アクション、ラブストーリー、シリアスドラマと演技の幅を広げ、2021年は「るろうに剣心 最終章」2部作で、10年越しのアクション時代劇シリーズが完結した。大活躍の年での受賞だが、インタビューではクールな受け答え。とはいえその中にも、演技への真摯(しんし)な姿勢をにじませた。



チームプレーの中に役割

「演技賞は、演技を評価するっていいますけど、絶対、作品を評価してると思ってます」。受賞の知らせにも、どこか素っ気ない。俳優は作品の一部と冷静に受け止めている。

「どんなに良い演技してても、作品が良くないと演技も良く見えないんですよね。俳優の側からすると、作品は目立たなくても、すげえ芝居してんな、という人が選ばれたのは見たことないです。逆に普通にしてても、作品が素晴らしかったら選ばれる。そういうことだなと思ってます。俳優が一人で頑張ったところでちっぽけなものだし、作品はチームプレーで、その中での役割があるんでしょうね」

「るろうに剣心 最終章」の激しい殺陣と「護られなかった者たちへ」での人間ドラマ、対極的な作品でともに好演。選考会では「演技が一段上がった」と高く評価された。
と伝えても「ほんとですか、そんなことないんですけどね」。「謙遜でもなんでもなくて、作品の力、監督の、スタッフの力だと思っています」と謙虚に繰り返す。

映画化する意義がある 震災後の現実知ってほしい

「護られなかった者たちへ」では、寡黙な青年、利根を演じた。東日本大震災から10年後の仙台が舞台。福祉保健事務所の職員が相次いで殺害され、その容疑者として利根が浮上する。猟奇的な連続殺人事件のナゾを追うミステリーだが、背景には震災の傷痕と、生活保護行政を巡る問題が横たわっている。

原作となった中山七里の小説を読み「映画化する意義のある作品だと思った」という。「震災の被害はみんな知っていても、そこから波及していろんな問題が今でもはびこっています。自分も生活保護の実情を詳しく知らなくて、考えるきっかけになりました。映画化するんだったらかかわりたい、現実を知ってほしいと思ったんです」

利根は当初は心を閉ざし、周囲に鋭い目を向けている。しかし震災の避難所で、身寄りをなくした少女カンちゃん、1人暮らしのけいと出会い、肩を寄せ合って暮らし始めると、次第に表情が和らいでいく。

「利根はまっすぐ、自分の正義を信じて突っ走ってると思うんです。不器用だけど一本筋が通ってて、エネルギー量も『高い』。世間からはあんまり仲良くなりたくないと思われるけれど、愛した人を大事にするエネルギー量も当然『高い』から、親しい人には信頼される。そういう人にしたかったんです。(目つきや表情の変化は)意識してないですが、結果的にそれなら悪くないですね」

「演じてる僕としては、『マジあいつらむかつく』っていうスタンスですけど、映画全体で見れば、悪いのは誰なんだって考えさせます。僕は利根の怒りとかやるせなさみたいな感情を観客と共有して、ぶつけてくことが使命だと思いました」。「るろうに剣心」ではワイヤにつられた過酷な撮影を経験していたから「あれに比べたら絶対、今回は楽だろうと思ってたんですけど、始まったら思った以上に大変で疲れました。精神的にも体力的にも」。映画を支える大役をまっとうした。

© 2021映画「護られなかった者たちへ」製作委員会

気合入ってると思われたい

共演の清原果耶も、同じ作品で毎日映コンの女優助演賞を受賞した。「素晴らしかったですよ」と称賛を惜しまない。特にクライマックスで、清原の熱演を間近に見た。「気合入ってました。1回良い芝居をするのは天性とか才能でできるんですけど、何回もとなると、気合と根性なんですよ。彼女は、最後まで負けずにやってました。とても10代には見えない。自分も改めて、気合を入れ直さないとなと」

娯楽大作から社会派まで、映画にドラマに、バラエティーでも活躍。30歳を過ぎていっそうの充実ぶり。役に向かう原動力はどこに?

「うーん、結論は『分からない』ですけど、基本、負けず嫌いです。本業は役者業だと思っているので、そこでは負けたくないですね。だから、変な作品でぬるい芝居してるのを見られたり、そう思われたりするのはいやなんです。あの人、良い作品出てるよね、気合入ってるよねと思われたい。そこでなめられたくないし、負けたくないっていう、一種のみえみたいなものが、モチベーションになっています。作品に貢献したと思えたら満たされるし、恥ずかしくない。でも、面白いものを作りたいという欲の方が強いかもしれない。自分の満足感を大事にしたい」

大活躍で、満足感も大きいのでは? 「そんなには、ないです。もっといいもの作れると思うし、作らないといけない」

護られなかった者たちへ

東日本大震災から10年目、宮城県で福祉関係職員が餓死させられる事件が発生する。身動きを取れなくして監禁、放置されたのだ。刑事笘篠(阿部寛)は、事件直前に刑務所から出た利根(佐藤健)を追う。施設で育った利根は、震災の避難所で出会った少女カンちゃん(石井心咲)、一人暮らしのけい(倍賞美津子)と家族同然の暮らしをしていたが、けいが生活保護を受けられなかったことに怒って事務所に放火していた。笘篠は怨恨(えんこん)の線で捜査を始め、被害者の部下幹子(清原果耶)から生活保護行政の話を聞き、現場に同行する。

ライター
勝田友巳

勝田友巳

かつた・ともみ ひとシネマ編集長、毎日新聞学芸部専門記者。1965年生まれ。90年毎日新聞入社。学芸部で映画を担当し、毎日新聞で「シネマの週末」「映画のミカタ」、週刊エコノミストで「アートな時間」などを執筆。

カメラマン
ひとしねま

内藤絵美

ないとう・えみ 毎日新聞写真部カメラマン