© Warner Bros. Entertainment Inc.

© Warner Bros. Entertainment Inc.

2023.5.12

義理は美!Z世代が高倉健のまなざしを感じた「ザ・ヤクザ」

2021年に生誕90周年を迎えた高倉健は、昭和・平成にわたり205本の映画に出演しました。毎日新聞社は、3回忌の2016年から約2年全国10か所で追悼特別展「高倉健」を開催しました。その縁からひとシネマでは高倉健を次世代に語り継ぐ企画を随時掲載します。
Ken Takakura for the future generations.
神格化された高倉健より、健さんと慕われたあの姿を次世代に伝えられればと思っています。

小田実里

小田実里

重たい映画を見たがらないZ世代もいる中で、私は演者のハッピーな感情が全く浮き彫りにならない映画を見ている。私がこの作品を見ている意義はなんなのだろう、と終始思考を巡らせる。正直、世のZ世代には最後まで見る勇気が出ないような映画だ。「エモ」とは遠くかけ離れているからだ。任俠(にんきょう)映画だからだ。「クズ男」や「シーシャ」などが題材となった人間のリアルを描いたものがZ世代に好まれる一方で、この作品は生死を彷徨(さまよい)いながら生きる人間のリアルな魂が描かれている。リアルというよりリアルすぎる。前回見た映画「ブラック・レイン」の影響で、高倉健の演技を見たいと思った私が選んだ作品は前回に続き、裏社会を描いたものだった。
 

ヤクザの教科書

物語は、元アメリカ兵のハリー・キルマーが、旧友から依頼を受け、日本に渡るところから始まる。依頼は、旧友の娘をヤクザの元から救出すること。キルマーは、彼に恩義のあるヤクザの田中健と協力し、日本のヤクザ組織と対峙(たいじ)する。日本に向かったキルマーは田中と再会するも、すでに彼はヤクザの世界から足を洗っていることを知る。それでも田中はキルマーへの義理を返すため協力するが、依頼の解決に大切な人までも巻き込まれていく。その中で人物がさまざまな葛藤を乗り越える様子がドラマチックに描かれている。
 
作品におけるヤクザの描き方は丁寧で、任俠映画初心者の私でもわかりやすいものだ。冒頭部分に登場するのは「ヤクザ」という名称の由来の説明で、劇中には小指を落とす意味の説明まで登場する。それはまるでヤクザの教科書のようで、「ザ・ヤクザ」というタイトルにも納得がいく。見ているひとを冒頭から、世代問わず誰も置き去りにしない丁寧な映画だ。ハリウットで作られただけあって、実に分かりやすい。
 

映画のテーマは「義理」

ヤクザの世界は裏切りの連続だ。昨日の友は今日の敵、という言葉がお似合いで、いつ誰に裏切られるかわからない憎しみが転がっている世界は、「裏社会」とも呼ばれる。殺し合いのない平和な世界を見続けていたいという素直なZ世代の願いもかなわない。

そして、本映画のテーマは「義理」だ。敵であることを隠す米出身の護衛役ダスティの「義理は借りか」という問いに対し、高倉健演じる田中は「義理は耐え難いほどの重荷である」と答えるシーンがある。それに対し、ダスティは「天罰が下るわけでもないのなら放り出せばいい」と言うが、この意見に「気にしないほどのことだ」と田中はあっさり返してしまう。
 
私にとっての義理は、うまく関係を築くためのその場しのぎで、さらには相手に見返りさえ求めない行為であると考えている。相手から嫌われないための先手を打つ行為とでもいえばいいのだろうか。バレンタインの義理チョコなどはまさにそうであるのだが、恋愛的に好きでもない相手にチョコを渡すような「義理」の概念が、ヤクザの世界にも共通するというのならバレンタインを含めた「義理」から生じる日常の行為は、無駄に労力を消費するだけで本当に面倒臭いなあ、とダスティ的思考に陥る。私も日本人であるというのにだ。みんな面倒臭いと思いながら義理の行いをやっているのだろうか。だんだん日本人のことが分からなくなってくる筆者である。
 
義理は「恩を返す」とは違って、関係を0段階から築くための行為でありそこには愛のひとかけらもない。ただ、逆にいえば愛がないからこそ面倒臭いこともできてしまう。人を殺(あや)めることも。好きでもない相手にチョコを渡すことも。うそでも義理といえば、物事を小さな衝突も起こさずに進められるから、古来、日本人は問題をそのように解決してきたのかもしれない。
 
義理は競争や対立をできる限り最小限にするためのものでもある。物事の本質的解決よりも解決に向かう過程を慎重に進める日本人の特性に本質的解決だけを追い求める米国人はいつだって驚いてきたのかもしれない。それを示すようなダスティと田中のやりとりに、私は日米文化の対立構造を見た。
 

気の抜ける感じがふとした時に見える。一瞬だけ目が優しくなる

監督のシドニー・ポラックはアメリカにはない、そんな日本の文化を描きたかったのだろうか。そして、その日本の雰囲気を高倉健を通して映し出したかったのは、高倉健という人物が日本の考え方を貫き通しているような人間だったからだろうか。それとも義理を体現していたからだろうか。
 
高倉健の演技は、気の抜ける感じがふとした時に見える。一瞬だけ目が優しくなるところがある。セリフを吐き出す時も、役者としてではなく、高倉健という人の優しさがこぼれる瞬間がある。それが今回見られるシーンが、高倉健演じる田中が自分の無意識の行為に罪を感じて小指を落とす場面だった。その時の高倉健は肩の力が緩くなっているように感じる。張り詰めたシーンの空気感ではそれを見せるのは難しいように思えるのだが、それが彼の静けさから生まれた柔らかな雰囲気から溢(あふ)れているようにも見える。
 
彼について調べていくと、自分の出番がない撮影の日にも現場に顔を出し、差し入れを持っていくような人間だったという。演技にこぼれ出る彼の人間性はまさにそんなところからきているのだろうか。それは、彼にとっての義理の行いであったのだろうか。もし義理であったとしても、その行動をとったということが「美」なのだと思う。日本人のそんな静けさの中にある優しさがまたポラック監督の目には「美」として映っていたのかもしれない。

U-NEXTで配信中

関連記事

ライター
小田実里

小田実里

おだ・みさと
小説家・脚本家
一般社団法人MAKEINU.代表
2024年5月に小説「今日も明日も負け犬。」(幻冬舎)で作家デビュー。

新着記事