©シロクマ・フィルムズ

©シロクマ・フィルムズ

2024.4.03

「夢見びと」で長編デビューをはたすKenjo監督の、私の名画3選「ラ・ラ・ランド」他2本と自作について

公開映画情報を中心に、映画評、トピックスやキャンペーン、試写会情報などを紹介します。

ひとしねま

Kenjo

長編デビューの「夢見びと」が4月13日に公開になるKenjo監督が、「私の名画3選」と自作について寄稿してくれました。


 

「マグノリア」(1999年)ポール・トーマス・アンダーソン監督

Netflixがなかった頃、新作VHSとしてリリースされた「マグノリア」を見る喜びを得ました。それは私の人生で最も目を覚まし、形作る経験の一つとなりました。 サンフェルナンドバレーを舞台にした、ロバート・アルトマンに触発された、3時間7分の壮大な作品です。監督はその地域で育った経験があります。 オープニングのシークエンスから明らかになるように、活気あるカメラワークから生々しい感情の演技まで、すべてに目的と意識的なデザインがあります。 私がそれを見た時、たぶん12歳くらいだったでしょうか。

あの信じられない結末の後、最初のクレジットを見て、「監督・脚本 ポール・トーマス・アンダーソン」と書かれていました。最後に、これは普通の映画じゃないって確信して、その名前の由来も理解しました。〝これが映画監督の仕事だ!〟って自分に言い聞かせました。この映画は何度も見ています。70分のメーキング・ドキュメンタリーはおそらくその種類の中で最高のものです。それも何度も見ています。それは映画作りのすべてを示してくれます。脚本を書いている所から劇場のプレミアまで。そして、メーキングの中心には監督。彼の早熟な才能と独特のビジョンが全面に押し出されています。

「シン・レッド・ライン」(1998年)テレンス・マリック監督

テレンス・マリックの3作目「天国の日々」(1978)の製作時には、彼は神話的な存在でした。その後、80年代半ば以来、彼は映画監督業から離れ、パリで地味な生活を送っていました。これは当時多くの人が知らなかったことでした。同様に、この映画を見る時、この映画とその監督について知らないことがたくさんありました。「シン・レッド・ライン」(1998)は、テレンス・マリックが実に20年ぶりに映画監督に復帰して製作した作品でした。

私は「シン・レッド・ライン」と「プライベート・ライアン」の間に賞レースで対立があることを認識していた記憶があります。両方とも同時期にリリースされた第二次世界大戦の異なる出来事を描いた素晴らしい映画です。同じ10年にこれらの二つの映画を手に入れることができれば幸運です。同じ年になんてありえないとさえ思えます。 しかし、非伝統的な物語の構造、幽玄で時には暗鬱、時には美しい雰囲気を持つ前者が私を驚かせ続けています。

「シン・レッド・ライン」には、ほとんどの戦争映画には見られないような瞬間があります。丘を制する戦いは、見かけ上90分続くように感じますが、どの戦争映画のセットピースよりも素晴らしいものです。すべての戦闘と人間が起こした恐怖の中で、マリックは鳥や木漏れ日のカットに切り替えることがあります。今では、私はこの映画を毎年少なくとも一度は見ています。それに類するものはありません。

「ラ・ラ・ランド」(2016年)デイミアン・チャゼル監督

「ラ・ラ・ランド」の初めてのプレビュー画像を見たときを覚えています。ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンが、カメラに背を向けて橋を歩いている姿と、LAの夕日に向かっている様子が描かれていました。彼らの衣装や環境のパステルカラーは、中世のような、ホッパー風のアメリカの50年代を示唆していました。画像のキャプションには「ミュージカル」と記されていました。

映画館で「ラ・ラ・ランド」を2回見たことを覚えています。その度に監督の業績に魅了されました。その後何度も見ていますが、いつも驚かされます。「ミュージカルをどのように現代化するか?」、「完全に幻想的なものを今の若者にとって共感できるものにするにはどうすればいいか?」という問いに答えます。映画は、映画ミュージカルの伝統に忠実でありながら、このような点で成功しています。

また、それは核となる強力なロマンス物語を特徴とし、ドラマとして独立して成立します。主人公たちは多面的で、彼らの動機と欲望が明確であり、曲は彼らの人格を構築し強調する役割を果たしています。映画は幻想的であり、古典的なエンターテインメントへの郷愁があり、主人公のようにジャズへの憧れや、監督のように古典的なミュージカルへの郷愁が広がっています。「ラ・ラ・ランド」は現代的でありながら懐古的であり、ミュージカルでありメロドラマでもありました。私のシリアスなヒューマンドラマの脚本を活気あるミュージカルに変えるための大きなインスピレーションとなりました。ただ、実際にミュージカルを製作するのがこんなに難しいとは、まさか思っていなかったです。

「夢見びと」(2023年)監督:Kenjo

「ラ・ラ・ランド」は、私の映画監督デビュー作「夢見びと」のスタイルと構造の主なインスピレーションとなっています。最終的にミュージカルとなった「夢見びと」は、アートハウスのヒューマンドラマの脚本として始まりました。書き始めてから、いつも何かが足りないと感じていた脚本を5年間かけて書きました。何か…が必要だとわかっていました。

その主な貢献は、小さな予算でもミュージカルが可能であることを私に示してくれたことです。「ラ・ラ・ランド」の六つの曲と比較して、80ページの「夢見びと」の脚本に五つの曲がちょうど十分になることが判断できました。

関連記事

ライター
ひとしねま

Kenjo

「夢見びと」にて長編デビュー。映画監督。