「カモン カモン」 © 2021 Be Funny When You Can LLC.  All Rights Reserved.

「カモン カモン」 © 2021 Be Funny When You Can LLC. All Rights Reserved.

2022.7.07

待望の一作、色あせぬ魅力 「カモン カモン」 SYO

2022年もはや7月。上半期の映画界では、新作に加えてコロナ禍で延期されていた作品がようやく公開され、ヒットも続発。映画館のにぎわいも戻ってきた。ひとシネマ執筆陣が5本を選び、上半期を振り返ります。

SYO

SYO

①    「カモン カモン」(マイク・ミルズ監督)
②    「林檎とポラロイド」(クリストス・ニク監督)
③「GAGARINE/ガガーリン」(ファニー・リアタール、ジェレミー・トルイユ監督)
④「TITANE/チタン」(ジュリア・デュクルノー監督)
⑤「マクベス」(ジョエル・コーエン監督)
 
日本映画に関しては仕事柄距離も近く、純粋な作品のみとの対話が成立しないため今回は除外させていただいた(正直、入れると10本でも全く足りない……)。そのうえで選出した5本は、個人的な思いと強く結びついた作品ばかり。


「林檎とポラロイド」 ©︎2020 Boo Productions and Lava Films

エモさとの距離感

A24×ジョエル・コーエン監督の「マクベス」は、お正月休みに映画館で見た作品。つまり、僕の「2022年映画始め」である。Apple TV+配信だが、期間限定で劇場公開。新宿ピカデリーの大スクリーンで映像美を堪能し、映画の素晴らしさを再体感した。「カモン カモン」は敬愛してやまないマイク・ミルズ監督の新作で、ずうっと待っていた1本。この先も色あせることはないだろう。「TITANE/チタン」は終始強烈な映画だが、終盤には(自分でも理解できないが)泣いてしまった。「林檎とポラロイド」「GAGARINE/ガガーリン」は新世代の台頭を強く感じた作品群。「映像的な感度」「〝エモさ〟との距離感」「作劇のテンポ」など、学ぶことばかりだった。
 
シネマの週末:「カモン カモン」

藤原帰一のいつでもシネマ:「カモン カモン」 ほんとうの気持ちを言葉にするまで
 

ライター
SYO

SYO

1987年福井県生まれ。東京学芸大学にて映像・演劇表現を学んだのち、映画雑誌の編集プロダクション、映画WEBメディアでの勤務を経て2020年に独立。 映画・アニメ、ドラマを中心に、小説や漫画、音楽などエンタメ系全般のインタビュー、レビュー、コラム等を各メディアにて執筆。トークイベント、映画情報番組への出演も行う。

新着記事